韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国軍が「停電爆弾」開発技術を確保

韓国軍が「停電爆弾」開発技術を確保

有事の際、北朝鮮の電力網を無力化できる炭素繊維弾開発のための技術を韓国軍が最近確保したことが分かった。ある韓国軍関係者は8日「国防科学研究所(ADD)が進めてきた炭素繊維弾関連の技術確保作業が最近終わった」「予算さえ確保できればいつでも炭素繊維弾を開発できる」と語った。

炭素繊維弾とはニッケルを含む炭素繊維で作られた子弾で、敵の電力網を破壊することができることから、別名「停電(ブラックアウト)爆弾」などとも呼ばれている。この停電爆弾が空中で爆発するとニッケルを含む炭素繊維が大量に放出され、これが送電線に引っ掛かると電気がショートし、停電になるという原理だ。爆撃機など航空機から投下される爆弾や自走砲から発射される砲弾、あるいは巡航ミサイルなどに装着することが可能だという。





韓国軍関係者は「有事の際、北朝鮮全域の核やミサイル基地など軍事施設の電力網や変電所をマヒさせることが期待できる」とコメントした。韓国国防部(省に相当)は「2017-18国防中期計画」の中で、2021年までに炭素繊維弾を開発し数百発を実戦配備する計画を公表しており、来年度の国防予算案にも炭素繊維弾の開発費用として5億ウォン(約4900万円)が計上されている。

ただし、炭素繊維弾の効果については疑問視する見方もある。韓国政府の関係者は「北朝鮮は首都の平壌でもよく停電が起こるほど電力事情が非常によくないため、朝鮮人民軍も電気がない状況で作戦を行うことに熟練している」「停電爆弾を開発する時間や資金があれば、ほかの兵器を開発する方が効率的ではないか」と疑問を呈している。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
この兵器は、爆発によって電気抵抗が低く電気伝導の性質を持つ長い炭素繊維のワイヤーを大量に周囲に放出し、発電所から送電施設や電線路など電力系統の絶縁を損なって電力送出を妨害する。この炭素繊維は大量に施設に付着することで機能を奪うわけだが、これを除去しないことには電力供給を行えないことから、復旧に時間がかかり、その除去作業完了までの間は継続的に電力を必要とする各種活動を妨害する。

爆弾の作動によって有害物質を撒き散らしたり高速の破片を周囲にばら撒いたりしないという性質のため、直接的には人体に影響を与えないとされていることから、非殺傷兵器に分類される。ただし停電に伴って副次的に予測される通信および交通機関や輸送施設の停止といった社会的な混乱や、生命維持装置など直接人命に関わる装置の停止による致命的な事態は考慮されない。

一方で、北朝鮮の電力事情は非常に劣悪であることで知られている。特に、渇水で水力発電所が稼働できなくなる冬季の電力事情は最悪で、何ヶ月も電気が供給されないことはざらにある。北朝鮮当局は、水力発電所の建設を各地で進めているが、手抜き工事により、稼働できない事態が起きている。金正恩党委員長が「業績作り」のひとつとして建設した白頭山英雄青年発電所。1号から3号まであり、最終的には昨年に完成したものと思われるが、ダム壁崩壊、発電機能低下など、ろくなニュースが伝わってこない。その一方、地元民の間からは「電気が供給されていない」との声が上がっていると、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

現地の情報筋によると、両江道(リャンガンド)を流れる川、西頭水(ソドゥス)の水力を利用した階段式の白頭山英雄青年発電所の設計出力は第1が5万キロワット、第2が3万キロワット、第3が2万キロワットで、合計10万キロワットだ。北朝鮮当局は、発電された電気のうち、6万キロワットを人口3万の三池淵(サムジヨン)郡に送り、残りの4万キロワットを白岩郡の中心地と「10月18日総合農場」に送ると公言していた。送電塔の工事が2015年8月から2016年4月まで行われたが、未だに送電されていない。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月09日 11:28 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp