韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  中国人とはやっぱり違う?「挑戦」せず「裕福さ」を求めない日本人

中国人とはやっぱり違う?「挑戦」せず「裕福さ」を求めない日本人

同じアジア人で文化の類似点も多い中国人と日本人だが、価値観の点では大きな相違があるようだ。この点について中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本人の価値観」としてある統計を基に分析した記事を掲載した。

その統計とは、シュワルツ(Schwartz)の価値理論に基づく国際共同意識調査で「自然环境、安全、創造性、協調性、社会貢献、伝統と宗教、成功、刺激のある生活、挑戦、裕福さ」などの項目のうち、何を重視しているかを判断するものだ。記事は、対象者の価値観に基づいて選んでもらうことで、その国の国民が何を重視しているのか、傾向を知ることができるとした。

この調査によって日本人には特に際立つ特色があるとした。それは「自然環境と安全を非常に重視している」ということで、他のどの国よりもこの2つが上位にあったと紹介。こうした結果を見ると、日本を訪れる多くの中国人が街の清潔さと治安の良さを実感するというのも納得できる。





逆にこの調査で価値観の下位にあるものも日本人を表しているとした。たとえば日本人が重視していないことの1つは「挑戦」であるとし、日本の順位は世界的に見ても非常に低かったと紹介。これは「日本人が理性的に物事をとらえ感情を隠し、仕事でも日常生活でも慎重で冒険的な刺激的な生活を求めない」姿勢が現れているとした。

また「裕福さ」も日本人の価値観のなかでは低い位置にあったとした。この点では「日本はすでに裕福な国であり、必要なものは不足していないうえ、物質的な追及をしても実現しないことも悟っている」ためではないかと考察。また、日本人はもともと精神面を重視する国民性であることも、裕福さを重視しない傾向が現れた理由ではないかとした。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
日本では「本当に必要なモノ」を見極め、不要なモノを捨てる人が増えていると中国メディアが報じている。日本で流行した「断捨離」という言葉を紹介したうえで、「本当に必要なモノ以外」の事物に目を奪われるということは、本当に必要な事物が見えていないことを意味すると指摘し、これは生活の質を高めることを阻害する要因となる。

また意外にもシンプルで地味な生活をしている成功者は数多いとし、これは「余計なことに気を取られないよう、大事でないことを断捨離しているためだ」と指摘し、モノに囲まれることで豊かさを実感する傾向にある中国人に向けて「不要なモノを購入せず、自分にとって重要なモノは何かを考えることで、本当に必要なことが見えてくるはずだ」と伝えている。

中国人から見ると、モノよりも精神的豊かさを求めるのが日本人に見えるようである。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月09日 12:53 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp