韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国はなぜTHAAD報復を乗り越えて中国市場で生き残るべきか

韓国はなぜTHAAD報復を乗り越えて中国市場で生き残るべきか

出ていくのか、それとも残るのか。高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓半島(朝鮮半島)配備に対する中国の激しい報復で、中国内の韓国企業が選択の岐路に立っている。3月に「理解するので待ち続ける」と言ったロッテが先月、これ以上耐えられずロッテマート112店舗すべての撤収を決めた後、多くの韓国企業が中国事業の撤収、すなわち「チャイナ・イグジット(China Exit)」を悩んでいる。どうするべきなのか。

中国事業を整理するかどうかは韓国だけの悩みではない。中国との間に葛藤がある日本・豪州・ベトナム・フィリピン・マレーシアも、中国市場への依存度を低める「ポストチャイナ」「ネクストチャイナ」または「中国プラス1(China plus One)」などの戦略に関する議論を活発に行っている。

安倍首相は2016年に「自由で開かれたインド・太平洋戦略」を提示し、台湾の蔡英文総統は製造業空洞化と人材流出を克服するために1990年代の李登輝総統の「南向政策」を継承した「新南向政策」を発表した。





韓国も日本や台湾のように脱中国を考慮するべきだろうか。短期的には分からないが、長期的に中国を回避したりう回する戦略は失敗につながる可能性が高い。中国経済の規模拡大と消費者の購買力上昇が続いているため、当分は中国の代わりとなる市場を見つけるのは難しいからだ。東南アジアやインドが中国のように発展するにはまだ時間がかかり、保護貿易主義などのため先進国市場進出にも限界がある。

また、中国市場が第4次産業革命を先導する先端技術企業の競演場に発展し、世界市場で認められるためには中国企業との競争が避けられない。中国で認められない製品はほかの市場で成功しないということだ。結局、中国をう回する戦略は世界市場への多角化(diversification)より中国からの周辺化(marginalization)に帰結する可能性が高い。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
前記事にも掲載したが、今の韓国は企業大低迷である。ウォン安を背景に成長を遂げた企業が、ウォン安を背景に低迷しているわけで、中国から離れる云々というのは次元が違うだろう。勿論戦略の1つではあるが、中国そして米国さらには日本に貿易が依存する国である。日本は中米依存であるが、基本的に内需国である。また早くから中国依存度を考慮し30年以上前から他の新興国に分散してきたわけで、今でこそ自動車産業が持てはやされるが、実は企業それぞれに動いてきたわけで、それが戦略であり、今日明日で実現できる問題ではない。

韓国に必要なのは企業における成長戦略しかない。売れる商品を開発できないで、他国で売ろうとなどと言うのは、サムスン低価格スマホへ移行するとしたが失敗した理由でもある。同じ価格で中国スマホのほうが高い性能では、新興国で投げうるしかなくなり、高性能スマホと半導体事業に戻った理由でもある。戻る事業を持つ企業は良いが、ない企業は、これから戦略を立てるのでは遅すぎる。日本が言う成長戦略は、成長戦略を実施してきた円高時代のコストダウン方式と付加価値拡大への転換であったが、より高付加価値へ転換せよという事であるから難しい。

韓国企業の場合は、コストダウン方式のシステム確立の実施なしで、いきなり高付加価値産業と語っても、社員教育システムもないのでは論外となる。だから危険と語っているわけで、汗水流さない韓国人では、今の状況を打開は出来ないだろうという事である。利益を求める財閥を解体し、企業のあるべき姿に改編しない限りは無理となる。自国民の自己都合では他国に従う国と化すのも時間の問題となる…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月10日 11:53 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
中国の本音
韓国を大国依存の見方で事大風に語ればこういう話になる。
中韓FTAだから、中韓は自由貿易の関係のはずだが
中国の本音は「買わないで、売る」ことだろう。
韓国は売れるものに絞って中国にもっていけばいい。

韓国が自国の足下をみれば、消費市場として他国から
狙われているのが分かるはず。中国はそれなりに、キムチなど
韓国へ輸出がある。(逆のキムチ輸入を中国が禁止した事件も
あった)

格差社会だから経済低迷でもある厚みの富裕層がいて、ブランド品、
海外旅行に人気がある。
[ 2017/10/10 13:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp