韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  北朝鮮危機に主導的な役割を果たせない文大統領が無力感を吐露

北朝鮮危機に主導的な役割を果たせない文大統領が無力感を吐露

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日「このところ安全保障の状況が大変なのは、外部で安全保障上の危機がつくり出されているから。安全保障上の危機に対して、われわれが主導的にどうにかできる条件になっていない」と語った。

文大統領は、丁世均(チョン・セギュン)国会議長、金命洙(キム・ミョンス)大法院長(最高裁長官に相当)、李洛淵(イ・ナクヨン)首相、金竜徳(キム・ヨンドク)中央選挙管理委員長、金二洙(キム・イス)憲法裁判所長権限代行の「5部要人」を韓国大統領府(青瓦台)に招き、昼食会で安全保障の状況について説明した際、このように発言した。文大統領は「外部的要因があるといっても、内部さえきちんと結束し、団結すれば十分に克服できる」として韓国内部の団結の重要性を強調、上記のように語った。これまで強調してきた「韓半島(朝鮮半島)運転席論」とは異なり、米朝対決の中で主導的役割を果たせない状況への無力感を訴えたもの、と解されている。





文大統領は今年7月、20カ国・地域(G20)首脳会議に出席した直後にも「われわれが痛切に感じているのは、韓国にとって最も切迫した韓半島の問題であるにもかかわらず、現実的にはわれわれに解決する力が存在せず、合意を引き出す力もないという事実」と語った。またこの席で文大統領は「きょうが最も心配していた日」とも語った。10月10日は北朝鮮の労働党創建日で、北朝鮮が10日前後にまた挑発を行う可能性が高い、という予想はかなりあった。

文大統領は「与党・野党・政府の常設国政協議体が立ち上げられれば、韓国国民の気持ちを一つにまとめる上で力になるだろう。国民と一緒に国家が安全保障の状況認識を共有し、国民の気持ちを一つにまとめてもらえればいいと思う」と語った。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
韓国が主導的役割を果たせないというのも不思議である。外部で安全保障上の危機がつくり出されているから。安全保障上の危機に対して、われわれが主導的にどうにかできる条件になっていないと伝えている。一方で、文大統領は「外部的要因があるといっても、内部さえきちんと結束し、団結すれば十分に克服できる」として韓国内部の団結の重要性を強調している。

主導的役割すら果たせない国ならば、さっさと北朝鮮に白旗を上げることである。一方で、北朝鮮が経済制裁に耐えきれなくなって、他国を攻撃しようとしたならば、アメリカは北朝鮮に対して本格的に軍事攻撃する、誰もが認める理由を得ることになる。今や、世界で最も危険な人物になっている「ロケットマン」から世界を守るためには、経済面でも軍事面でも圧力強化が不可欠だが、北朝鮮崩壊は難民問題で近隣国への影響は莫大となる。 個人的にはトランプ政権のほうが持たないのではと懸念しているが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月11日 10:48 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp