韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自動車、初出場の国際レースでまさかの優勝

現代自動車、初出場の国際レースでまさかの優勝

現代自動車のサーキット(自動車レース場)用レーシングカーが初めて出場した国際大会で優勝をさらった。現代自動車は、同社初の販売用サーキット・レーシングカー「i30N TCR」が6日から8日まで中国浙江省の浙江インターナショナル・サーキットで行われた「TCRインターナショナル・シリーズ」第9回大会に出場し、初の決勝レースで1位になったと10日、発表した。

TCRインターナショナル・シリーズは量産車ベースのサーキット大会で、世界各国を回りながら年間計10回開催される。今回の第9回大会では合計2回の決勝レースが行われ、このうち1回で初めて大会に出場した現代自動車が優勝したものだ。今回の大会にはアウディ「RS3 LMS」、フォルクスワーゲン「ゴルフGTi」、ホンダ「シビックType R」など21台の世界的な自動車メーカー各社が作った車が出場していた。



自動車業界や現地では、現代自動車のレース優勝を異例なケースだと受け止めている。業界関係者は「現代自動車は今回の大会に初めて出場し、スタート順も13番目だったのにもかかわらず、1位になった。それだけ自動車の性能が高いということだ」と語った。i30N TCRは、現代自動車が今年末にヨーロッパで発売する予定の高性能車「i30N」をベースに開発された。高性能車とは、エンジン性能などいくつかの重要機能が基本的な車種よりも大幅に高くなっている車を意味する。2.0リットル・ガソリン・ターボ直噴(GDi)エンジンをレース用に改造し、6速シーケンシャル・ギアを採用、最高出力は約330馬力だ。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
アウディ RS3 LMS, フォルクスワーゲンゴルフ GTi, ホンダシビック Type R などグローバル完成車業社たちの競走のため 21台が出場して熾烈に競争した中に, TCR大会に初出場した現代車 i30N TCRは決勝1でそれぞれ優勝と 12位を記録した。i30N TCRは 2.0ターボ職分社エンジンを競走用にチューニングして最高出力 330馬力の性能を現わして6段シーケンシャルギアー(一列でギアー変速)を採択した。 ここに 20年経歴のベテランドライバーガブリエルタクィだから(イタリア)とアルランメニュー(スイス)が i30N TCR ドライバーに参加してデビュー戦を成功的に行った。.

i30N TCRは現代車の高性能車である i30N モデルを基盤とした初販売用サーキット競走のためだ.。i30Nは 2年連続ヌィルブルクリング 24時耐久レース完走に成功した事がある。現代車は今度大会を通じて得た多様な実戦データを土台で性能をもっとアップグレードして今年の末から全世界プロレーシングチームを対象で販売する計画だ.という。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月11日 11:07 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL