韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  高価テレビで押されたサムスン、台湾企業買収で突破口摸索

高価テレビで押されたサムスン、台湾企業買収で突破口摸索

QLEDテレビ市場で不振を免れないサムスン電子が台湾の発光ダイオード(LED)メーカーの買収を推進していることがわかった。これとともに劇場用スクリーンを代替するために作った「シネマLED」を家庭用に発売するための作業も進行中だ。 テレビ部品業界関係者は10日、「サムスン電子が『QLEDオールイン』戦略から抜け出すための多様な戦略をまとめ協力会社と具体的な実行に乗り出している」と伝えた。

サムスン電子が関心を見せる台湾企業はマイクロLED技術を持つ企業という。LEDは直径が数ミリメートルの素子(ダイオード)で、電気を流すと光を出す。このLEDを光源に使い、その前に薄膜液晶を置けば液晶パネル(LCD)テレビとなる。LCDに量子ドットフィルムを貼ったテレビがサムスン電子が次世代テレビとして大々的に押しているQLEDテレビだ。台湾企業が持つマイクロLED技術とはLED素子をさらに小さくできる技術だ。




「シネマLED」は他のディスプレーを重ねずに光源として使うLED自体で映像を表示する。それぞれの素子が異なる色を出して画面全体を構成する。現在はLED素子の間隔を2.5ミリメートルで配置しているが、この間隔を減らせば劇場用スクリーンの画質を画期的に高められる。サムスン電子関係者は「カメラの画素数が高ければ画質が鮮明になるように、LEDを細かく配置できれば劇場でも次元が異なるほど鮮明な画質を鑑賞できる」と説明した。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
電子部品材料を手掛ける昭栄化学工業(東京・新宿)は色再現性の高い次世代ディスプレー技術「量子ドット」フィルム用の半導体ナノ粒子を年内に量産する。昭栄化学は有害物質のカドミウムを使わない独自の製法を確立し鳥栖事業所(佐賀県鳥栖市)に約10億円を投じて量産ラインをつくる。インジウムとリンを熱反応させて半導体ナノ粒子を成長させる製法を確立した。韓国サムスン電子の子会社や米ベンチャー企業などの製法と比べて製造コストを下げて安定供給できる強みがあるという。

マイクロLEDは、赤・緑・青色に光る微細なLEDを敷き詰めて映像を表示するディスプレー。屋外広告からウエアラブル端末まで大小様々な用途に活用できる。普及の鍵はLED素子の価格。台湾、中国のメーカーが急速にコストを下げており、有機ELの次として急浮上している。 シャープは5月に鴻海(ホンハイ)精密工業グループと共同で米国の技術ベンチャーを買収すると発表。アップルも米半導体大手クアルコムから買い取った台湾の研究所で自社のウエアラブル端末に搭載するマイクロLED技術の開発を進めているもようだ。

ソニーは既に「クリスタルLED」の名称で展開。小型パネルを数十~数百枚組み合わせて幅20メートルほどの巨大ディスプレーを構成する。自社開発したLED素子が光源で、色鮮やかな映像を映し出せる。美術館のデジタル展示やパブリックビューイング、監視モニターとして販売している。サムスンは出遅れ、これから台湾企業の買収では遅いのではないか…。半導体事業はいずれ限界が来る。次の事業を確立しておかないと世界企業に遅れれるほどに難しくなるが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月11日 17:39 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL