韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本の順位が意外?「世界で信頼される製造国」ランキング

日本の順位が意外?「世界で信頼される製造国」ランキング

中国では、日本製品は高品質の代名詞とされてきた。それは中国の製造業が少しずつ力をつけつつある現在においても基本的には変わらない。しかし、このほど発覚した神戸製鋼所のデータ偽装問題のようなスキャンダルが続々と出てくるようであれば、「日本製=高品質」の等式はやがて崩壊することになるだろう。 中国メディア・今日頭条は10日「世界で最も信頼される製造国ランキング」を紹介する記事を掲載した。記事が紹介したのは、ドイツの調査会社スタティスタが52カ国の消費者4万人超を対象に実施した「製品のイメージが最も良い国」に関する調査の結果だ。

10位から6位は下からアメリカ、フランス、日本、イタリア、カナダとなっている。日仏米の3カ国は同率8位だ。記事は8位の日本について「日本製品は高い品質とともに優れたコストパフォーマンスを持つ。このため日本製品は世界各地のほとんどで崇拝されているが、中国だけは例外だ。歴史的な理由以外にも、ベストな日本製品が中国市場に入ってこないという要素もあるようだ」と評している。調査に参加した消費者に中国の人がどれだけいるかは分からないが、中国における不満が日本の順位を押し下げたということなのだろうか。




トップ5を見ると、5位はスウェーデン、4位は英国、3位はEU、2位はスイス、そして栄えある1位はドイツとなっている。EUが3位という結果は、個々の加盟国よりも「EUブランド」のほうが信頼度が高いことを示していると言えそうだ。なお、1位のドイツについては、中国人消費者の79%が「ドイツ製が世界で最高品質」と回答したとのことである。記事はまた、中国について「今もなお多くの国で安かろう悪かろう商品の代名詞とされており、49位に甘んじている」と伝えた。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
そんな中、フォーブスは10月10日、「世界で最も信頼される企業」ランキングを初めて発表した。高い信頼を得ている企業のみの名前が挙がるこのリストで、初回の第1位となったのはドイツのコングロマリット、シーメンスだった。従業員およそ35万1000人を擁するシーメンスは、今年5月にフォーブスが公開した2017年版「世界の有力企業2000社ランキング(グローバル2000)」では50位だった。同リスト作成にあたっての調査期間とした一年間の同社の売上高は、およそ900億ドル(約10兆1000億円)、利益は64億ドル。保有資産は1540億ドル、時価総額は約1197億ドルとなっている。

今回のランキングで最も多くの企業が名を連ねたのは、米国と日本だった。それぞれ61社、42社がリスト入りしている。日本企業のトップは4位の任天堂。そのほかパナソニックとトヨタがそれぞれ10位、13位と上位に入った。トップ20入りした企業のうち、米国企業は8社。このうち3位につけたグーグルの親会社アルファベットは、フォーブスが同じく10日に発表した世界の「最高の雇用主ランキング」で1位となっている。ランク入りした各社の業種は多岐にわたるが、自動車メーカーの名前が目立った。トヨタのほか、イタリアのフェラーリ、ドイツのBMWグループがそれぞれ8位、22位だった。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月12日 11:56 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
で、どうしろと
ドイツの調査会社スタティスタ
5位はスウェーデン、4位は英国、3位はEU、2位はスイス、そして栄えある1位はドイツ

この順位は鉄道の機関車のランキングなら納得できる。

Statista
https://www.statista.com

The World's Most Respected 'Made in' Labels

"respect" は価値あるものに対しそれにふさわしい敬意を払う;という意味。
これをみて、どうしろという話ではなさそうだ。
つまり、調査の意図不明。コンシューマ領域のイメージ調査でしょう。
中国メディアが日本のダメ出しに使うには無理がある。
[ 2017/10/12 18:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL