韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国国防相、斬首作戦計画流出を「心配不要」とトンデモ答弁

韓国国防相、斬首作戦計画流出を「心配不要」とトンデモ答弁

韓国国防部(省に相当)の宋永武(ソン・ヨンム)長官は12日、韓国軍の機密作戦資料が北朝鮮のサイバー攻撃によって流出した事件に関連し「あまり心配しなくてもよい」と発言し、国政監査で「長官が他人事のように言うべきではない」と叱咤(しった)されたことが分かった。

この事件は昨年9月、韓国軍のデータベースセンターに当たる韓国国防統合データセンター(DIDC)が北朝鮮のサイバー攻撃を受け、A4用紙1500万枚相当の機密情報を盗まれたもの。流出した資料には金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長ら北朝鮮指導部の「斬首作戦」の具体的内容が記された「作戦計画5015」などの機密文書が多数含まれていたことが確認された。

宋長官はこの日の国政監査で、「今回のサイバー攻撃でVIPの動線や作戦計画などが流出した。サイバー攻撃の主体を把握しているのか」との質問に「確認できていないが、北朝鮮と推測される」と答弁した。




続けて宋長官は、サイバー攻撃についてはタスクフォースなどで完全に解明するとしながらも「(流出した)機密文書が韓国の安全保障に大きな脅威を及ぼすものかという点については、あまり心配しなくてもよい」と述べた。 また、国防改革や部隊編成などは自分が新たに考えたものを採用するとして「(そのため)サイバー攻撃を受けたことは国家の安全保障には影響を及ぼさない」とも述べた。

これに対し、金栄宇(キム・ヨンウ)国会国防委員長は「作戦計画がハッキングされたというのに、心配することではないというのは、長官として誤った答弁だ」と批判した。 金委員長は宋長官に対し「作戦計画が流出したのに心配いらないとは、国防の最高責任者がそのような言い方をすべきではない。まるで他人事であるかのように話すべきではない」と責め立てた。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
半島情勢が緊迫する中、有事に備えた作戦計画が漏れたとすれば波紋を広げそうだ。流出源は、昨年9月にハッキングを受けた国防統合データセンター。国防省が与党議員に説明した被害の詳細として朝鮮日報が伝えた。 それによると、流出したのは、米韓が2015年に策定したとされる「作戦計画5015」。金正恩朝鮮労働党委員長らを対象に、〈1〉追跡〈2〉隠れ家の封鎖〈3〉強襲作戦〈4〉確保・除去――の4段階にわたる斬首作戦の内容が漏えいした。基本計画に加え、訓練など分野別の文書もハッキングを受けたという。

流出は「深刻なレベルではない」と説明してきたが、金正恩政権が最も神経をとがらせてきた斬首作戦の内容まで入手していたことになる。北朝鮮のハッキングと言う側面でも重大事件である。軍事情報が盗み取られても「心配不要」と語るほうが他人事だが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月13日 09:59 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL