韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国を見捨てた中国人、その足は「日本」に向かっている

韓国を見捨てた中国人、その足は「日本」に向かっている

中韓関係が冷え込んでいる今、韓国を旅行で訪れる中国人は非常に少ない。その理由については様々な意見があるが、韓国が「高高度防衛ミサイル(THAAD)を配備したことに対する中国側の報復が大きな原因とされている。

中国メディアの一点資訊はこのほど、「韓国は中国人観光客を求めているが、中国人は韓国へは行かない」と伝え、韓国を訪れる中国人がどのくらい減少しているのか、そして韓国を訪れなくなった中国人がどの国を訪れているのかを紹介している。

記事はまず、中国の建国記念日(国慶節)の季節を迎えると、例年であれば韓国国内は多くの中国人観光客でごった返していたことを紹介。だが、17年はTHAADミサイル配備の影響もあってか、韓国を訪れる中国人が激減し、韓国経済に大きな影響を与えたという。前年に比べて約7割も訪韓中国人が減少したことを指摘した。




では、韓国を訪れなくなった中国人旅行客はどこへ行っているのだろうか。記事は「日本」を訪れていると紹介している。17年上半期に日本を訪れた中国人の数は328万人を超えていて、前年を6.67%上回っており、中国からの旅行客は消費意欲も旺盛であるため、彼らは日本経済にとって「福の神」であると論じた。

そして記事は、「中国人旅行客は日本で販売されている中国製の製品を購入して持ち帰っている」という事実や、「世界にはたくさんの国があるのに、なぜ皆日本へ行って買い物をするのか」といった疑問など、数々のネット上の声を紹介し、「国慶節には中国国内にいることが愛国になる」と主張、日本へ旅行することが好きな中国人は愛国心に欠けているとの見方を示した。
http://news.searchina.net/


【管理人 補足記事&コメント】
中国メディア・今日頭条は11日、日本において中国人観光客の地位がますます高まっており、安倍晋三首相すらにこやかな笑顔で歓迎しているとする記事を掲載した。「ゴールデンウイークが終わりを告げた。今この何日間かの状況ををみると、今年の国慶節は多くの近隣国から注目を浴び、今回の各国による競争の中で、もっとも注目されたのは日本と韓国だ。中国人観光客の心をつかむべく、たくさんの中国語の横断幕が掲げられたり、月餅を配るなど中秋節にリンクしたイベントが催されたりして、中国人観光客に対する歓迎ぶりをアピールしたと伝えている。

日本の安倍晋三首相も、国慶節前に自ら中国大使館のレセプションに出席したのだ。これも中国に対する歓待ぶりを示す行為と言える。一方の韓国ついては、中国人観光客の心をつかもうとたくさんの努力をしたが、その結果は実に思わしくなかった。韓国を訪れた中国人観光客はここ数年で最低レベルとなりそうだ。今年もすでに10月であるから、今年の状況は改善されそうにない。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月13日 11:22 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL