韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子の権五鉉副会長 第一線退く意向を表明

サムスン電子の権五鉉副会長 第一線退く意向を表明

韓国・サムスン電子の権五鉉(クォン・オヒョン)副会長が13日、経営の第一線から退くと表明した。同氏は病床にある李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長と、その長男で朴槿恵(パク・クネ)前大統領への贈賄罪などに問われ公判中の李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長に代わり、実質的に「総帥代行」の役割を務めてきた。 権氏は半導体事業を総括する部品部門のトップと代表権のある取締役を辞任し、取締役会の議長職も来年3月までの任期をもって終えるとした。

サムスン電子によると、権氏はサムスンディスプレーの代表取締役も辞任する予定だ。近く李在鎔氏ら経営陣に辞任の決意を伝え、後任を推薦する。 権氏は1985年に米国のサムスン半導体研究所に研究員として入社。サムスン電子のシステムLSI事業部社長と半導体事業部社長を経て、2012年に代表取締役副会長に就いた。2016年からサムスンディスプレーの代表取締役副会長も兼任している。
http://news.livedoor.com/





【管理人 補足記事&コメント】
聯合ニュースは、権氏は半導体事業を総括する部品部門のトップと代表権のある取締役を辞任し、取締役会の議長職も来年3月までの任期をもって終えるとした。サムスン電子によると、権氏はサムスンディスプレーの代表取締役も辞任する予定だ。近く李在鎔氏ら経営陣に辞任の決意を伝え、後任を推薦すると報じている。権氏は「課題に対しよりよい対応をするため、当社が新しいスピリットと若いリーダーシップで出直すべき時が来たと信じる」との声明を発表した。

また「幸い今は過去最高益を上げているが、これは過去の決定と投資の成果だ。現在は、先々のトレンドを読み取って新たな成長エンジンを見いだせる状況に近付くことすらできていない」と厳しい見方を示した。サムスングループの事実上のトップでサムスン電子副会長である李在鎔(イ・ジェヨン)氏の逮捕を受け、権氏の役割が拡大するとみられていたことから、辞任表明は予想外と受け止められた。来年3月以降のサムスン経営組織に関心が集まる。

一方、韓国の財界専門サイト、財閥ドットコムのChung Sun-sup氏は「辞任は意外であり、過去最高益を上げる中でなぜ辞任するのか疑問だ」と述べ、「李在鎔氏が不在となる中、経営の空白も懸念材料だ」と語っている。

日本では三菱・三井・住友などの企業グループは、財閥が解体された今もなお強い影響力を持っている。各グループには日本を代表する大企業が属し、その頂点には選ばれた経営者が名を連ねる組織がある。実業家・岩崎弥太郎が創業した、三菱財閥の流れをくむ同グループにはトップ組織「金曜会」があり、現在29社が加盟している。これらの組織は、日本経済に大きな影響を与えるにもかかわらず、活動の実態はあまり知られていない。人の三井、組織の三菱、結束の住友という企業風土は、トップ組織が牽引して脈々と受け継がれてきた文化である。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月13日 12:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp