韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国全土のタワークレーン5980台、2割は老朽設備

韓国全土のタワークレーン5980台、2割は老朽設備

韓国全土で使用されているタワークレーンの5台に1台が20年以上使用されていることが国土交通部(省に相当)の集計で分かった。それによると、現在韓国全土で使用されているタワークレーン5980台のいうち、1271台(21%)が20年以上使用されていた。10~20年は1437台(24%)、10年未満は3272台(55%)だった。

20年以上使用されているタワークレーンは、今年5月に南楊州市、最近議政府市でクレーン倒壊事故が起きた京畿道が381台で最も多く、ソウル市(249台)、忠清北道(124台)、釜山市(123台)の順だった。今年5月にサムスン重工業の造船所で6人が死亡、25人が負傷する事故が起きた慶尚南道は、運用中のタワークレーン287台のうち、26%(74台)が20年以上の老朽設備だった。





資料提出を受けた国民の党の金三和(キム・サムファ)議員は「今年相次いだクレーン事故の一因に老朽化が挙げられる。中古クレーンを輸入する業者が年式をごまかして登録するケースが多い」と指摘した。 現在タワークレーン検査など建設機械の構造的安全は国土交通部、タワークレーンの設置、解体など現場作業の安全は雇用労働部の担当だ。安全保険公団が別の国会議員に提出した資料によれば、2012年から今年5月までに起きたタワークレーン事故には、労災事故270件が含まれ、33人が死亡し、252人が負傷した。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
今年1月2日の朝7時頃、釜山市華明洞(ファミョンドン)の往復6車線の道路で、歩道に埋設された直径400ミリの上水道管が破裂した。この事故で近くの4700世帯への水道水の供給が中断したが、6時間後に再開された。老朽化したインフラが大乱を引き起こす可能性がますます高まっている。しかし備えは不誠実なことこの上ない。年初の釜山地域の相次ぐ上水道管破裂は、2020年以来懸念されている老朽化インフラ大乱の予告弾に過ぎない。 1970~1990年代に建設された道路・鉄道網や貯水池・上下水道管などの老朽化インフラが急速に増加している一方で、維持・補修する予算は大きく不足しているという指摘が提起されている。

ソウル市によると、下水管全体の48.4%が埋設30年を超えており、50年を超えた下水管も30.5%に達している。一方で、韓国国内のマンションはどうして30年で急激に老朽化する問題もある。自国の老朽化対策は、不可欠と言いつつ、地方債務は大赤字である。企業における設備も似た傾向がみられる。建設やら設備購入はするが、維持管理或いは材料など不正も多い。まして自国軍備は老朽化で真面にな軍備はどれだけなのかさえ明確ではない。 単にタワークレーン老朽化問題では済まないだろう。日本とて老朽化対策は頭を悩ましている。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月15日 09:45 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp