韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代・起亜自動車 米シェアが2009年以来の低水準

現代・起亜自動車 米シェアが2009年以来の低水準

韓国の現代自動車と子会社の起亜自動車が米国と中国での不振から抜け出せずにいる。米市場シェアは2009年以来の低水準となった。米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反発する中国では9月の販売台数の減少幅が縮小したものの回復を確信するのは難しい状況だ。

1~9月の米国販売が10%以上減少
現代と起亜の9月の米国での販売台数(現代の高級車ブランド「ジェネシス」を含む)は合計10万9475台で、前年同月(11万5830台)に比べ5.5%減少した。現代が5万7007台で同14.4%減少した。起亜は6.6%増の5万2468台だった。1~9月の累計販売台数(96万9670台)も前年同期比10.2%減少した。減少率は現代が12.9%、起亜が6.9%に上る。





販売不振により両社の米市場シェアも下がり続けている。1~9月の販売シェアは7.5%で前年同期より0.7ポイント落ち込んだ。2009年(7%)以来の低水準。米市場でのシェアの順位は前年と同じく7位だが、6位の日産自動車と三菱自動車(9.9%)との差は2.4ポイントで前年の約2倍となった。

現代・起亜の関係者は販売不振の原因について「米国販売モデルの相当数が発売後かなり時間が経っている。現代は今年発売した新車がない」と説明した。フリート販売(レンタカー会社などに買い戻し条件付きで販売)を減らす戦略も影響を与えたという。しかし業界では、THAADをめぐる対立と無関係な米国市場でも販売台数が減少したのは両社の競争力自体に問題があるとの見方もある。
詳細はこちら

【管理人 補足記事&コメント】
このまま行けば、今年の現代自(起亜自含む)米国販売台数は130万台を割り込む可能性が高い。2012年度で126万台となる。一方、今年1月から前年比での販売台数の減少が続く米国市場全体では、7月の新車販売台数が同7%減少。主にゼネラル・モーターズ(GM)とフィアット・クライスラーの2桁台の減少が大きく影響している。ただ、需要がピークを過ぎたことを認識している各社はより収益性の高いモデルや顧客層などに焦点を絞り込んでおり、すでにいくつかの対策を講じている。収益が見込めない事業を縮小しており、例えば、ディーラーへのインセンティブの提供や特定の工場での生産、利益率が低くなる(レンタカー会社など向けの)「フリート販売」の見直しなどを実施している。

自動車売買情報サイトのオートトレーダー・ドット・コムのアナリストは、米国の自動車業界が7年連続で前年を上回る販売台数を記録、昨年の乗用車・トラック販売台数が1750万台を上回ったことを指摘している。それ以前の20年間の年間販売台数の平均は、1430万台だ。こうした状況を受け、「メーカー各社は熟慮した上で、割引販売はしないとの決断を下している」という。

そんな中で、トヨタは同3.6%増と、各社の中で唯一、販売台数を伸ばした。SUVのハイランダーが大きく貢献した。ホンダは1.2%減となったが、米国市場での販売台数が最多のシビックが11%増を記録。さらに、コンパクトクロスオーバーのHR-Vは32%増えた。日産は全体では3.2%減らしたものの、クロスオーバーとSUV、トラックが7月の販売台数としては過去最多を記録。マツダはCX-5クロスオーバーが同様に7月の販売台数で最多となり、全体の販売数を3%減にとどめた。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月16日 10:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp