韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  小池氏「希望」無残…東京選挙区“全滅”危機

小池氏「希望」無残…東京選挙区“全滅”危機

小池百合子代表(都知事)の「希望の党」への支持が、複数の世論調査で伸び悩んでいる。朝日新聞は14日朝刊で、「東京で候補者を立てた23すべての選挙区で先行を許す」との情勢調査を報じた。7月の都知事選で圧勝したおひざ元・東京で、希望の党が“全滅”するという、衝撃の可能性が出てきた。

「序盤戦で厳しい評価が下っている。(与党に)大勝ちさせて日本はどうなるのかと思う人は、希望の党に希望を寄せてほしい」
小池氏は13日、JR大井町駅前で、民進党の前原誠司代表と一緒に街頭演説に臨み、こう訴えた。心なしか表情に精彩を欠いているように感じたが、仕方がない。 主要5紙は12日付朝刊で、衆院選の序盤情勢について、「自公300議席うかがう 希望、伸び悩み」(産経新聞)などと一斉に報じたのだ。冒頭の朝日調査はさらに衝撃的だ。希望の党が「東京全滅」となるだけでなく、公示前の議席(57)を下回る可能性まで指摘しているのだ。





9月28日に民進党と合流して「台風の目」になるかと思われた希望の党だが、小池氏の「選別・排除」路線で流れが変わった。発表した公約も、「消費税増税凍結」や「原発ゼロ」「花粉症ゼロ」などスローガン優先で、実現性に疑問符が付けられた。結果、結束すべき野党は、希望の党と立憲民主党、無所属に3分裂してしまった。

永田町関係者は「希望の党が結成されたとき、与党幹部は『解散の取りやめ』を検討するほど狼狽(ろうばい)した。だが、小池氏の大失策で、希望の党への求心力は落ちた。与党に有利な状況が生まれた」という。
詳細はこちら

【管理人 補足記事&コメント】
憲法改正も安保法も集団的自衛権の容認――これが「希望の党」というなら、小池百合子東京都知事らが目指すのは、「戦争のできる国」ということになる。そこに「希望」などあるはずないが、それでも民進党の議員たちは同党の公認が欲しいのだという。つい最近まで「安保法反対」を叫んでいた民進党の議員たちに、政治家としての矜持はない。 一方、排除の論理で公認候補を「絞り込む」という小池氏とその側近。「(民進党の候補者の)全員を受け入れることなど、さらさらない」と突き放す小池氏の居丈高な態度は、党の綱領に掲げた「寛容」とは真逆のものだ。日本維新の会とも連携することが明らかとなった小池新党が、どうやら安倍自民と同じ右翼的、全体主義的体質の政治集団であることが見えてきた。

ジャーナリストの田原総一朗氏は、北朝鮮問題をめぐる野党の対応を批判。選挙が盛り上がらない一因は野党にあるとした。
「選挙戦で野党は、米国と北朝鮮の緊張状態について論議しなかった。『国民の生命を守るのは与党の仕事で俺たちは関係ない』、そういう姿勢だ。だから国民の多くは、こんな選挙に関心が持てなかった」

それも一つの理由ではあるのだろう。とはいえ小池氏にとっては良いタイミングであったのも事実。だが途中から自滅した。上記の政策にしても民進党分裂までは計画通りだったのだろう。だが人材となる自民党からの離脱予想が大きく外れた。結果、野党人材は変わりなしでは、何も変えることは出来ない。小池氏の年齢では、待つだけの時間がなかったのも事実だが…。都知事としての仕事にも影響が出そうだ…。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月16日 13:32 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(3)
小池氏は元々原稿読み
中味が解らなくとも、原稿を読むのは得意でしょう。
格好をつけるために、難しそうな言葉やカタカナ用語を多用しますが、いつも言語明瞭・意味不明瞭です。おまけに、言うことが二転三転します。
ご本人が良く解らない訳ですから、他人に伝わるはずもありません。
こういう口先だけの御仁に騙される人も多いようですね。

小池氏が、何を言っているのか、何をしたいのか理解できません。
単なる見栄っ張りで引っ掻き回されたのでは、国民は堪ったものではありません。
都政すら満足に出来ない、このような御仁が、国政にまで口を挟むのは如何なものかと思いますが。
[ 2017/10/16 16:13 ] [ 編集 ]
勘違いはない
日刊ゲンダイ「若狭氏まさかの落選ピンチ」
↑そうだろう
自民の公認+公明推薦で衆院補選を楽勝したのはつい1年前。
「若狭」という人物で勝ったのではないだろう。
有権者には都民ファースト=希望の党、という勘違いはない。
この人、比例でも危ないのではないか。

都議選の自民党は悪弊からイメージ最悪だった。そこを
一生懸命掃除してイメージアップしているのが進次郎氏。
[ 2017/10/16 21:11 ] [ 編集 ]
赤いキツネと緑のタヌキ
いやぁ日清食品がスゴイww
発売当時から今日のご時世を言い当てている。

緑のタヌキとは言わずもがなあの雌狸。
緑色系のお召し物が殊の外お好みだとか。

はてさて、赤いキツネ・・・字ズラから言えば凶参党のCさんとも思われるが
ここは裏をかいて前なんとかさんが宜しいかとww

寄らばタヌキと集いし希望の面々、戦い済んで日が暮れて行く当ても無き根無し草「三跪九叩頭の礼」でもって立憲の軍門に降るか。

[ 2017/10/18 22:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp