韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北朝鮮のハッキングは完ぺきな武器レベル

北朝鮮のハッキングは完ぺきな武器レベル

世界の注目が北朝鮮の核・ミサイル実験に集まっている間に、北朝鮮はハッキング能力をほぼ完ぺきな武器レベルに発展させ、これにより年間10億ドル(約1122億円)稼いでいると米紙ニューヨーク・タイムズが15日(現地時間)、報道した。かつて西側の専門家たちは北朝鮮のサイバー能力をあざ笑っていたが、今では国際秩序を脅かすレベルにまで達したということだ。

同紙が米国の情報専門家の話とした伝えたところによると、北朝鮮は現在、6000人を超えるハッカー部隊を抱えており、これにより各国政府と企業のインターネット網をハッキングして機密を盗みだし、金銭を稼いでいる。北朝鮮が「サイバー泥棒」で稼ぐ額は北朝鮮の年間輸出額の3分の1にあたる10億ドルに達すると推定されている。北朝鮮のハッキング能力はかつてサイバー戦争分野に限定されていた。しかし、2011年の金正恩(キム・ジョンウン)政権発足以降は資金強奪・情報かく乱・世論戦などへと大幅に拡大したと専門家たちは分析している。





北朝鮮はまた、ミサイル技術だけでなくハッキング技術もイランと共有している可能性が取りざたされている。同紙は「北朝鮮が2012年に韓国の銀行や放送局を攻撃した方法と、イランがその数カ月前にサウジアラビアの国営石油企業「サウジアラムコ」を攻撃した方法が非常によく似ていた」と伝えている。北朝鮮がハッカーの育成に本格的に乗り出した時期は1990年代と推定される。米連邦捜査局(FBI)によると、ニューヨークの国連本部駐在北朝鮮公館員が1990年代後半にニューヨークにある大学に入学し、コンピューター・プログラミングを勉強し始めたという。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
テレビ朝日は、16日付のニューヨーク・タイムズは、北朝鮮は1990年代からサイバー攻撃に取り組むようになり、現在では6000人のハッカー集団を抱えているとし、イギリスの元諜報当局幹部の話として、北朝鮮が銀行の電子取引やビットコインと呼ばれる仮想通貨などを標的にし、年間10億ドル、約1100億円以上の収入を得ている可能性があると伝えている。また、北朝鮮は去年、ニューヨーク連邦銀行から10億ドルを盗もうとしたものの、単語のスペルミスに行員が気付き、未遂に終わったとの事。北朝鮮によるサイバー攻撃については去年、バングラデシュの中央銀行から8100万ドル、約90億円を奪った疑いなどが浮上している。

朝鮮半島有事の際に北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長ら首脳部の排除を狙う「斬首作戦」を含む米韓軍の機密文書が、ハッキングによって北朝鮮へ漏えいしたとみられることが10日、明らかになった。韓国の与党「共に民主党」の李哲熙(イチョルヒ)議員が、国防省関係者から聞いた話として記者団に伝えた。外貨を得る手段のみならず、米韓軍事情報が漏れるというのは厄介な問題である。圧力を加えるほどにハッキングは加速し外貨獲得へ走るだろう。ただ貿易が無ければ生活は困るわけで、貿易遮断に踏み切れば、裏での貿易が加速するという…、いたちごっこになりそうだが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月17日 10:29 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp