韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  韓国造船業を抜き去り、中国の造船業が「世界一」に踊り出たワケ

韓国造船業を抜き去り、中国の造船業が「世界一」に踊り出たワケ

近年、さまざまな産業で競争力を急激に高めている中国。造船業も成長著しい分野の1つだ。かつて日本のお家芸と呼ばれた造船業は韓国にシェアを奪われたが、今はその韓国が中国にシェアを奪われている。中国メディアの今日頭条は13日、海運・造船専門調査会社である英クラークソンのまとめを引用し、2017年1ー9月の国別受注量では中国が509万CGT(217隻)で1位となり、韓国を上回ったことについて「中国の造船業は世界一だ」と主張した。

記事は、中国造船業の建造量は世界の約3分の1を占めていると主張し、世界一の立場にあると主張。中国はLNGタンカーを含め、民間で運航されているあらゆる船舶を建造することができると記載した。また、これまで建造経験の乏しかった大型砕氷船や大型客船もすでに中国国内で建造中であるため、中国造船業はまさにあらゆる船舶を建造できることになると論じた。





さらに、かつて世界一だった韓国造船業を抜き去ることができたのは中国国内の整備された工業体系があってこそだとし、中国は船舶の建造に必要となる各種材料から設備まで全てを中国国内で調達することができると主張。大型船舶に搭載される動力系統の技術を掌握し、エンジンやガスタービンを自前で生産できるようになったことも中国造船業の飛躍的発展においては重要な要因だったとした。

急激に技術力を高める中国。しかも生産コストは日韓に比べて相対的に安く、価格競争力もある。造船業で高い競争力を持つはずの韓国が国外の大型案件を中国に奪われるケースも見られるようになっている。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
これまで1170億ドル(約14兆円)規模のクルーズ客船市場を支配してきた欧州造船会社は、国内のクルーズ旅行ブームに後押しされた中国勢の進出によって、その独占的地位を脅かされそうだ。国内の豪華客船クルーズ需要が年30%拡大するなか、中国政府は製造業振興策「中国製造2025」計画で、客船建造を主要目標の1つに掲げ、製造業の発展促進と同時に、造船所における雇用確保を狙っている。

付加価値の高いクルーズ客船市場に対する中国造船企業の進出は、複雑で豪華な客船建造や内装整備に高度なサプライチェーンを擁するこの業界リードしてきた欧州勢を慌てさせている。中国が数十年かけて貨物船市場を独占してきたように、客船市場でも独占するのではないかと懸念する声が欧州企業の一部から上がっている。ただ、高級カーペットから防音施工まで、豪華客船の建造には複雑なサプライヤー網が必要になることを考えれば、中国企業がクルーズ客船の建造技術を習得するのは容易ではないと、専門家は指摘する。

三菱重工業は昨年10月、客船世界最大手カーニバルから受注した2隻の豪華客船建造で20億ドルを超える損失を出し、大型客船事業から事実上の撤退を決めた。中国による客船クルーズ市場への路線転換には、世界で貨物船需要が落ち込み、多数の中国の造船所が廃業に追い込まれたという背景もある。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月17日 11:20 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp