韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  未分類 >  韓国GMにまた撤退説…今年の損失だけで1兆ウォン

韓国GMにまた撤退説…今年の損失だけで1兆ウォン

韓国GMが今年も最大1兆ウォン近い損失を出す見通しだ。この4年間に累積した損失だけで3兆ウォンに達することになる。米ゼネラルモーターズ(GM)本社の「韓国撤退説」に火がついている。

16日の業界によると韓国GMの2大株主である産業銀行(持ち分率17%)とGM(77%)が2002年に結んだ株主間契約がこの日満了し、韓国GMの去就に再び関心が集まっている。GMの資産処分など17項目に対する産業銀行の特別決議拒否権がなくなり、産業銀行はGMのどのような決定も阻止できなくなったためだ。韓国GMの累積赤字が雪だるま式に増えGMの「韓国撤退説」が現実化するのではないかとの懸念が出ている。





産業銀行関係者はこの日「韓国GMの上半期の純損失が4000億ウォン台に達するものと把握された。下半期の業績も良くなく、今年の損失規模は9000億~1兆ウォンに達するだろう」と予想した。続けて「累積赤字が3兆ウォンに達し格別の財務構造改善なくして生存を断言できない状況だ」と付け加えた。

産業銀行はこれと関連し、今年に入り数回にわたりGMに韓国GMの経営改善案をまとめるよう要求したが黙殺されたという。 富平(プピョン)、昌原(チャンウォン)、群山(クンサン)、保寧(ポリョン)の4カ所の工場にいる韓国GMの労働者は1万6000人に達する。3000社ほどの協力会社まで合わせれば利害関係者は30万人に達する。GMの撤退に備え政府レベルの対策をまとめなければならないという指摘が出ている。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
中央日報は今年9月、3年間の累積純損失が2兆ウォン(約1984億円)に達する韓国GMの労働組合が、またストライキを行った。ことしだけで5回目だと報じている。 ストライキの1次理由は賃金だ。月基本給15万4883ウォンの引き上げ、通常賃金(月424万ウォン)の500%を成果給など一時金で支給…などを主張しした。

労組は今月1日、韓国GMの社長に新しくKaher Kazem氏が就任してから、闘争レベルを高めている。7月17日の初ストライキ以降、2カ月近く休み、今月14日に2番目のストライキを行った。理由は釈然としなかった。労組は13日の交渉で、社長の通訳者の交代を要請し、受け入れられないため交渉会場を荒々しく出て行った。Kazem氏が出した費用削減戦略については「幼稚だ」と言って攻撃した。GMの韓国撤退説などの危機感が高まっている渦中に、労組が「新任社長の調教」のためにストライキを行っているという分析が出ているのはこのためだ。

韓国GMの年間生産台数は2007年94万台から昨年58万台に急減した。人件費の負担で生産費用が増加したためGM本社が配分物量を減らしたためだ。撤退説が繰り返し登場する理由でもある。 中央日報は、年間18万台の韓国市場をつなぎとめておくためにもGMがすぐに撤退する可能性は高くないというが、赤字経営では続けても仕方がないのでは…。むしろ韓米FTAのネタになりそうだが…。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月17日 11:37 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(1)
中央日報もあきらめ
中央日報は「引きとめ」せず、「あきらめ」な記事だ。

77%の株式を保有しながら経営改善のための資産処分が
できなかったというのは異常。
それなのに、産業銀行が韓国GMに経営改善策を要求する、
これも異常。
一方、組合は業績に関係なくストライキ闘争に励む、これも異常。
「ヘルコリア」の見本のような異常のかたまりだ。

GMの韓国商売は輸入車に切り替えればいい。
米韓FTAで関税撤廃にな5年先が撤退タイミングだろう。
[ 2017/10/17 12:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp