韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  神戸製鋼の改ざん問題…「中国はチャンスを生かすだけ」

神戸製鋼の改ざん問題…「中国はチャンスを生かすだけ」

神戸製鋼の検査データ改ざん問題が中国でも大きな注目を集めている。「日本製品は品質が高い」というイメージが定着していただけに、多くの中国人にとっても今回の問題は衝撃的だったようだ。また、中国では同問題によって日本製品の信頼性は崩れ去ったという報道も多く、なかには中国で好調な販売を続けている日系車などについても「信用できない」と報じるメディアもある。

中国メディアの今日爆点は14日、かつて高い名声を得ていた日本製品は今、色褪せ始めており、日本では大手企業による醜聞が増えていると伝える一方、これは中国企業にとって大きなチャンスであると伝えている。 記事は、神戸製鋼のデータ改ざんのほかにも、日産自動車で無資格の社員が完成検査を行っていた問題、タカタの欠陥エアバッグ問題など、近年は大手企業の不祥事や醜聞が相次いでいることを紹介。特にタカタは中国企業の子会社である米キー・セーフティー・システムズ(KSS)の支援を受けることで合意しており、タカタは実質的に中国企業の傘下となった。





記事は、中国製といえば長年にわたって「低品質でパクリ」というイメージが定着していて、日本製といえば「高品質で高級」というイメージだったと指摘する一方、近年はスマホや高速鉄道産業に象徴されるとおり、中国が著しく競争力を高めており、日本製品への「逆襲」を見せる分野も多いと指摘している。

また、シェアサイクルやスマホによる電子決済など、中国は日本にはないイノベーションで世界からも注目を集めているとし、今や中国製は日本製に取って代わりつつあると主張。日本企業が改ざんなどで自らブランドを毀損させ続けるのであれば、中国製はそのチャンスを生かすだけとの見方を示している。
http://news.livedoor.com/

【管理人 補足記事&コメント】
神戸製鋼所は、製品の検査データの改ざん問題をめぐって、米司法当局から関係書類の提出を求められたと発表した。神鋼グループが米国内の取引企業に販売した製品について調査を進めるとみられる。神鋼は「調査に真摯に協力する」とコメントを出した。米国では、ボーイング社やゼネラルモーターズ(GM)が神鋼製のアルミ素材を採用しており、現在、安全性の調査などを進めている。米司法当局が日本企業を調査した事例としては、昨年、自動車部品大手のタカタの元幹部を詐欺罪で起訴。また2011年には、精密機器メーカーオリンパスの米子会社を不当な接待をした疑いで調査している。

品質不正の対象製品はアルミ・銅に加えて、自動車のギアなどに使用される鉄粉や液晶材料となるターゲット材だったが、さらに新たに銅管やアルミニウム合金線、線材などの鉄鋼製品においても不正が見つかった。出荷先は当初の約200社から500社へと拡大したことが明らかになっている。日本経済が維持されているだけに、厄介な問題だけでは済まなくなった。韓国企業云々などと語れる話ではない。見つからなければいいという考えでは、後のツケは莫大となる。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月17日 17:23 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp