韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  韓国よりも日本に1日多く滞在するトランプ大統領…韓国冷遇

韓国よりも日本に1日多く滞在するトランプ大統領…韓国冷遇

大統領府がドナルド・トランプ米大統領の来月のアジア歴訪「滞在期間」について神経尖らせている。トランプ大統領が日本で(韓国よりも)1日多く滞在することをめぐり、政界で「韓国冷遇論」が浮上しているからだ。大統領府は「滞在期間より、成果が重要だ」と強調すると共に、韓国と日本滞在時間がほぼ同じという論理まで動員して防御に乗り出した。

大統領府のパク・スヒョン報道官は17日、「米国側とトランプ大統領夫妻の訪韓日程を緊密に協議した結果、来月7日午前に韓国に到着し、8日午後に(中国に)出発することで合意した」と発表した。日本の野上浩太郎・官房副長官も同日、「トランプ大統領が11月5日から7日まで3日間、日本を訪問する予定」だと発表した。日本では2泊3日、韓国では1泊2日滞在する日程だ。

これについて、自由韓国党は「韓米同盟に対するこれまでの憂慮が現実となった」(カン・ヒョサン代弁人)と批判するなど、政界で「韓国冷遇論」が提起された。バラク・オバマ前大統領とジョージ・W・ブッシュ元米大統領がアジア歴訪の際、韓国と日本滞在期間をほぼ同じく調整したことから、トランプ大統領が「北朝鮮との対話」の可能性を残した文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し、不満を示しているという主張だ。





大統領府も、このような解釈を予想していたために、最後までホワイトハウス側と日程を調整したという。大統領府は先週16日午後、文大統領とトランプ大統領の「11月7日首脳会談」を公式発表し、「韓米両国はトランプ大統領の正確な到着及び出発日程を引き続き協議中」と明らかにした。最近、北朝鮮の核・ミサイル挑発局面で保守野党などが「コリアパッシング」(韓国排除)を主張する状況で、どうしてもトランプ大統領が韓国で2泊させるように努力したのだ。

にもかかわらず、1泊2日に決まったことについて、パク報道官は「米国側でトランプ大統領就任以降初の訪韓であることを考慮し、2泊3日の日程を推進したが、航空の日程と訪韓の際の儀典行事などを考え、このように決定した」と述べた。また、別の大統領府関係者はトランプ大統領の日本到着時間が「5日午後」という点を挙げて、「韓国に滞在する時間と日本に滞在する時間はほぼ同じだ」と話した。
詳細はこちら

【管理人 補足記事&コメント】
野上浩太郎官房副長官は17日、ドナルト・トランプ米大統領が11月5~7日の日程で日本を訪れると正式発表した。トランプ氏の滞在中、安倍晋三首相との日米首脳会談のほか、北朝鮮による拉致被害者の家族との面会も行われる予定。野上氏は「拉致問題は日本政府にとって最重要課題の一つだ。極めて意義がある」と述べた。

また、北朝鮮を含む地域の安全保障環境が厳しさを増す中で、「日米同盟の強固な絆を改めて世界に示す絶好の好機だ」と期待を見せた。ホワイトハウスの発表によると、トランプ氏は訪日後、韓国、中国、ベトナム、フィリピンの順でアジア諸国を歴訪する予定となっている。

滞在日数よりも首脳会談の中身をよく考えることである。反日政策で日本に対抗意識があるのは理解するが、日数などに拘るようでは外交戦略がない理由でもある。日ごろの外交と言うのに努力をしないで、借金外交だけではどうにもならないのではないか…。各国の首脳から煙たがれる韓国は、益々孤立化するだけであるが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月18日 09:24 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp