韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  トランプ大統領の訪韓、滞在期間より「平和」メッセージが重要

トランプ大統領の訪韓、滞在期間より「平和」メッセージが重要

ドナルド・トランプ米大統領が来月7日、1泊2日の日程で韓国を国賓訪問する。米大統領の国賓訪問は1992年のジョージ・ブッシュ大統領(父)の訪韓以来、25年ぶりのことだ。北朝鮮の核危機など、現在の朝鮮半島の状況が考慮されたものと見られる。トランプ大統領の訪問日程が「日本で2泊3日、韓国で1泊2日」に決まったことについて、韓国政府は滞在期間のバランスを取るため、最後まで尽力したという。外交において形式は時より本質でもある。また、米国の大統領が日本より韓国で1日少なく滞在することが、無視してもいい事案ではないのも事実である。

しかし、韓米間の懸案と朝鮮半島の状況を振り返ってみると、「1泊か2泊か」をめぐる議論は本質からかけ離れたものだ。これを「コリアパッシング」(韓国排除)と主張し、政治攻勢に乗り出した野党の行為も行き過ぎたものと言わざるを得ない。むしろ問題は、トランプ大統領が韓国でどのようなメッセージを投げかけ、トランプ来韓後、韓米関係と朝鮮半島情勢にいかなる変化をもたらすかが、まだ不透明であることにある。





日本は素早くトランプ大統領と北朝鮮拉致被害者の横田めぐみさんの両親との面会を進めるなど、トランプ大統領の訪問を通じて北朝鮮に強硬なメッセージを送ることに力を入れている。日本の安倍晋三首相にとっては対北朝鮮強硬論が国内政治的に有利であるだけでなく、日米軍事協力の強化は宿願である平和憲法の改定と日本の再武装などにつながるきっかけになり得るため、この機会をできるだけ足掛かりにしたい構えだ。

日本とは異なり、韓国は対北朝鮮強硬論にただ同調するわけにはいかない。むしろ、米国大統領が韓国で朝鮮半島の平和の重要性を強調するメッセージを送るようにする方がより重要だ。トランプ大統領の韓国国会での演説について、ホワイトハウスは「国際社会に対北朝鮮圧迫の強化に参加することを促すだろうと」と明らかにし、強硬な基調を維持することを示唆した。日本に続き、韓国でもトランプ大統領特有の荒々しい対北朝鮮強硬発言が続くのは望ましくない。
詳細はこちら

【管理人 補足記事&コメント】
滞在日数より云々…とここで報じてますね。日本とは異なり、韓国は対北朝鮮強硬論にただ同調するわけにはいかない。むしろ、米国大統領が韓国で朝鮮半島の平和の重要性を強調するメッセージを送るようにする方がより重要だというが、有事の際の米韓軍事練習は金正恩体制の崩壊想定であるから、理屈に合わないだろう。南朝鮮は、北朝鮮に何を望むのだろうか…。朴槿恵の時には統一妄想が先行し、北に裏切られたとみるや、手の裏を返す南朝鮮。文政権では対話と語りながら、有事の訓練では、米国と北朝鮮の橋渡しなど到底できる国ではない。そもそも北と南の問題であるのを、米国に丸投げしいる南朝鮮であるから、トランプからしっぺ返しが来ても不思議ではないが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月18日 09:41 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp