韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  安くて燃費もいい…迷ったけど日系車を購入して本当に良かった!

安くて燃費もいい…迷ったけど日系車を購入して本当に良かった!

中国市場で日系車の販売が好調だ。ホンダも販売を伸ばしている日系メーカーのうちの1社で、7月に投入した新型のCR―Vもなかなかの人気のようだ。中国メディアの今日頭条は14日、新型CR―Vを購入したという中国人がその魅力について語った記事を掲載した。

CR―Vは2004年に中国で販売を開始して以来、累計150万台以上販売されており、中国で根強い人気を誇っている。新型CR―Vにはハイブリッドモデルとターボエンジンモデルがあるが、中国ではターボエンジンを好むユーザーが多いため、人気を集めたことが容易に想像できる。

記事では、ダブルマフラーを採用した外観のデザインなどを高く評価。ハンドルにはさまざまな機能のボタンやスイッチ類が付いていて、非常に便利で、標準のモニター画面も非常に大きく、燃費が良くて安くて何の欠点もないと絶賛した。





反日感情が根強く存在する中国では、やはり心のどこかで日系車を購入することに抵抗を感じるという人は少なくない。この記事の中国人も「何となく気が引けた」としつつも、実際に新型CR―Vを買ってみたら「本当に良い車で、購入して良かった」と述べている。

中国の自動車市場は全体的に伸び悩んでおり、現在でも対日感情が好転したとは言えないが、中国市場における日系車の健闘ぶりは際立っている。理性的な消費者が増えたことに加え、訪日中国人が増加していることも、日系車のイメージアップにつながっているのかもしれない。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
新型CR-Vを日本市場にも導入するという情報が流れてきた。となれば、欧州で販売されている1.6リッターのクリーンディーゼル+9速ATの組み合わせか…。欧州市場向けの新型CR-Vは、ユーロ6対応のクリーンディーゼルを搭載しており、高い評価を得ている。日本に導入すれば、新型CX-5の好ライバルになりそうだけれど、どうやら違うようだ。日本のディーゼル規制をクリアさせようとしたら、相当の投資をしなければならず、結果として車両価格が新型CX-5を大きく上回るため断念した模様。

ということで、中国で先行発表されている新型CR-Vハイブリッドを日本で販売することになったそうな。現行アコードと同じ2モーター式のハイブリッドとなり(日産ノートe-POWERより伝達効率の良い優れたシステム)、実用燃費は20km/L近いというから、ライバルとなるハリアーハイブリッドを余裕で凌ぐ。街中でのドライバビリティも、THSIIのハリアーハイブリッドより優れており、けっこう魅力的だ。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月18日 11:18 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp