韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「テレビ王国」挑戦受けるサムスン、高額製品中心に構造調整

「テレビ王国」挑戦受けるサムスン、高額製品中心に構造調整

1位の座を脅かされているサムスン電子のテレビ事業部門が「製品構造調整」を始める。 サムスン電子関係者は18日、「価格では中低価格型である20~30インチ台製品、解像度ではHDやフルHD級製品の生産を大幅に減らしていき、究極的には手を引く方向でラインナップを見直している」と明らかにした。同関係者は「代わりに60インチ以上のUHD級プレミアム製品のラインナップを大きく強化する計画だ」と説明した。

サムスン電子が生産するテレビは解像度により大きく3種類に分けられる。HD級は約100万画素(解像度1280×720)、フルHD級は約200万画素(解像度1920×1080)、4K級と呼ばれるUHDは約800万画素(解像度3840×2160)に該当する。 サムスン電子がプレミアム製品を中心にテレビのラインナップを見直す理由は大きく3種類だ。まず収益性だ。サムスンのテレビ事業部門の営業利益率は中低価格からプレミアムまで合わせると4%を超えられない。競合会社であるLGエレクトロニクスの半分にも満たない数字だ。高価なプレミアム製品を除けば中低価格製品はほとんど収益の足しにならないという話だ。





サムスン電子関係者は「流通会社と供給契約した物量がありすぐに完全撤退はできないが、HD級とフルHD級製品を維持する理由はないというのが内部の共感だ」と説明した。 中低価格製品群で中国企業が急速に追撃していることも原因だ。中国製40インチ台製品の価格はサムスン製品の半分以下であり品質格差は大きくない。

さらに海外市場で高級ブランドとしてポジショニングするというサムスンのブランド戦略にも中低価格製品は大きな助けにはならない。中低価格製品で中国製と競争するのではなく、収益が多く残り高級ブランド維持が可能なプレミアム製品で戦線を広げるという戦略だ。実際に海外のテレビ市場のシェアも台数ではHDが33%、フルHDが34%、UHDが32%と均等に売れたが、金額基準で見るとHDが13%、FHDが27%、UHDが60%と大きな開きがある。
詳細はこちら

【管理人 補足記事&コメント】
全体のテレビ市場ではサムスン電子が確固たる地位を築いている。金額基準(28%)でも数量基準(21.6%)でも2位のLG電子の占有率(各14.4%、13%)を大きく上回った。ソニーは金額基準の市場占有率が7.8%、数量基準の占有率が4.7%を記録し、それぞれ3位、5位にとどまった。しかし、テレビ市場の真の勝者はプレミアムテレビ市場で決まるというのが業界の不文律だという。中国メーカーの乱立により、中低価格テレビは今後飽和状態の市場になるとみられている。営業利益のためにしろ、ブランドイメージのためにしろ、プレミアムテレビ市場を掌握しなければ、最後まで生き残る商売は不可能だということである。

一方、有機ELでは、画質でLGに比べてソニー・パナソニック・東芝が一歩リードしている。現在のLGディスプレイ製有機ELパネルは、決して理想的な存在ではない。黒がきちんと黒く出るのは良いが、その特性上、苦手な表現もある。わかりやすい点としては、ごく弱い光、例えば日の出前の薄明かりや建物の影などが苦手だ。本来は淡い色、ほんのりとした明るさになるべきなのだが、ノイズが強調され、妙なざわつきが発生したりする。また、LGディスプレイ製の有機ELパネルは、その構造から「ホワイトバランスに非常にクセがある」というのが、複数のテレビメーカー技術者の一致した見解だ。ここも補正しないと、メーカー側が想定した上質な色にならない。

こうした部分をテレビメーカーは理解して、映像に処理を加えた上で特性を調節し、より自然な色合いにしているわけだ。例えば映像に含まれるノイズを自然な形で除去するとか、グラデーション部分に存在する不自然な縞を目立たなくするといった高画質化処理技術が重要となる。こういったものは現在のテレビに不可欠な技術で、その蓄積が他社にはない製品の「価値」につながっている。ソニーは一歩リードした技術でLGからパネル供給を受けている。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月19日 12:50 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp