韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国自動車産業の弱点見抜いた英国

韓国自動車産業の弱点見抜いた英国

「420万台vs180万台」。昨年韓国が生産した自動車は英国の2倍を越えている。自動車に関する限り韓国が英国より先進国だとみることができる。英国は50余年前は世界1位自動車輸出国だったが、今は完成車業者がすべて海外企業に売却され、発注者ブランドによる生産(OEM)方式ですべての車両を生産している。

ところが英国政府の考えはちょっと違う。完成車業者の数、研究開発(R&D)競争力、労働効率性において英国が韓国よりはるかに進んでいると主張する。さらに韓国自動車部品業者に事業がやりやすい英国に移るように誘惑する。

今月18日、ソウル・プラザホテルで開かれた「自動車は大英帝国(Automotive is GREAT)」キャンペーンにはこのような英国政府の認識がそのままあらわれた。英国輸出の44%を占める欧州連合(EU)からの離脱(Brexit)を決めて以来、英国政府は交易萎縮を懸念して製造業の育成に積極的だ。特に産業波及力と雇用創出効果が大きい自動車産業に全力を注いでいる。「自動車は大英帝国」というキャンペーンはそのような努力の一環だ。

スポンサードリンク



チャールズ・ヘイ駐韓英国大使は「英国自動車産業について知らせ、韓国自動車企業にビジネスチャンスを提供するためにイベントを企画した」と話した。 注目すべきなのは英国が今回のキャンペーンを最初に発表する場所に韓国を選んだという点だ。英国政府はベアリング・ヒンジ・ショックアブソーバーなど29種類の自動車部品を細かく羅列し、その部品を英国で作る場合、現地市場規模がそれぞれいくらなのか金額を示した。リストによると英国で今すぐ必要な自動車部品の市場規模は合計40億ポンド(約6000億円)だ。詳細はこちら

【管理人 補足記事&コメント】
中央日報は、韓国の自動車部品業者は主に売り上げの大部分を1~2種類の完成車に依存する。売上げ回収先が制限的という状況で完成車業者が崩れれば部品業者は衝撃を分散する方法がないとし、発表者はこれを意識したように英国の地図を広げてみせて「英国では18社の自動車ブランドが24カ所の工場を運営している」と強調したと報じている。韓国部品業者が英国に渡っていけば特定の納品先に命を預けなくても良いという意味だ。

英国の雇用促進に韓国の自動車部品企業を歓迎するという事だろう。英国は欧州で最も規制が進歩的であり法人税が低い」とし、「候補地さえ選べば中央政府が地方政府の関係者を直接紹介すると伝えている。低迷する韓国自動車産業にとっては、企業維持を重要視すれば、海外生産比率が高まるのを考慮しての事だ。韓国政府は乗り気なのではないか…。自国内で工場を建設し雇用促進がベストであるが、低迷する財閥企業にとっては、次第に損得計算を優先し始めるだろう。つまり自国から離れるという事だ。英国のみならず、韓国財閥企業の利用合戦が繰り広げられるのではないか…



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月20日 12:21 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
TypeRは英国産
日韓で欧州を見る眼はずいぶん違いますね。
韓国では英国政府が自動車部品メーカーにキャンペーン。

日本は9月にメイ首相を迎えて、最大限のもてなし。
京都迎賓館で夕食会、安倍首相がお茶席、天皇陛下と面会席も。
こういう歓迎のやりかたは、お願い事案は聞くだけ聞きます
というポーズっぽい。

日本企業はすでに英国進出済み。
ホンダは英国に大工場がある。国内のシビック TypeRは英国から輸入。
ホンダファンなら TypeRをよろしく、と言いたいところ。
[ 2017/10/20 22:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp