韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  トランプ氏の訪韓日数で大騒ぎの韓国…青瓦台は「滞在時間」論理で防御

トランプ氏の訪韓日数で大騒ぎの韓国…青瓦台は「滞在時間」論理で防御

11月のドナルド・トランプ米大統領のアジア歴訪をめぐり、韓国メディアや国会議員が同国への訪問日数に神経をとがらせている。2泊3日の日本に比べて1日少ないことがお気に召さない様子で、韓国が米国に「冷遇」されていると大人げなく騒いでいるのだ。

《韓国よりも日本に1日多く滞在するトランプ大統領…韓国冷遇?》
韓国紙、ハンギョレ新聞(日本語版)は18日、こんな見出しの記事を報じた。記事では、トランプ氏の韓国滞在日数が日本よりも1日少ないことを挙げ、「政界で『韓国冷遇論』が浮上しているからだ」と伝えた。同紙によると、青瓦台(大統領府)は、韓国と日本の「滞在時間」がほぼ同じだという論理まで動員して防御に乗り出したといい、野党は「韓米同盟に対するこれまでの憂慮が現実となった」と批判しているというのだ。





米政府がトランプ氏のアジア歴訪を発表する前から、韓国メディアは滞在日数に過敏となっていた。当初、日本が3泊4日、韓国が1泊2日という観測もあり、中央日報(日本語版)は16日の社説で「ただ事ではない」とし、「外交当局は今回の歴訪時にトランプが少なくとも日本と同様に韓国に留まるように米政府を説得しなければならない」と論じた。
詳細はこちら

【管理人 補足記事&コメント】
中央日報は、来月、初めてのアジア歴訪を行うドナルド・トランプ米国大統領が、韓国ではたった1泊2日しか滞在しないかもしれないという。これに比べ、日本は3泊4日の可能性が高い。オバマ-ブッシュ-クリントンら元米大統領のアジア歴訪の際は、韓日での訪問日数が全く同じかほぼ同じだった点と比べると、ただ事ではないと報じている。

外交当局は、日本滞在期間中の2日間は休日である上、量より質が重要だと言い繕うかもしれない。だが、滞在期間の長さも絶対に無視することはできないと言う指摘だ。ゴルフ会談も大雨ならば中止だろうし、日本滞在期間中の2日間が休日ならば、日本も韓国も会談の重要時間は変わらないのではないか…。

何でも日本と比較したがる韓国だが、文在寅大統領とトランプの関係を指摘しているだけでなく、韓国への米国配慮と関心がそれほどしかならないという事を、北朝鮮と国際社会に与えかねないためだとも伝えている。その程度でしかない韓国であるのは事実。それを一番理解しているのは韓国メディアではないのか…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月20日 12:39 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp