韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本人は話が嫌い? 日本は「言葉がわからなくても話せなくても旅できる国」

日本人は話が嫌い? 日本は「言葉がわからなくても話せなくても旅できる国」

訪日中国人旅行客の数が年々増加しているが、中国人たちは日本滞在中に「言葉」の面で困ることはあるのだろうか。中国メディアの泉州晩報はこのほど、中国人にとって「日本は言葉が分からなくても旅ができる国だ」と伝えている。なぜなら、日本の公共の場には配慮があふれているからだという。

記事は、日本を訪れた中国人旅行客の見解として、「日本の公共インフラはどこも配慮があり、日本人はもちろん外国人であっても誰かに聞いたり、接触したりせずに何でも物事が解決する」と紹介。空港に到着した時点から各種言語のアナウンスが聞こえ、鉄道で移動するにしても切符は自動券売機で購入でき、外国語の分かりやすい案内があり、一言も発することなく宿泊先に移動できたと紹介した。





続けて、電車に乗っている時に気づいたこととして、「大声で話をしている日本人は一人もおらず、誰もが静かで、話をするにしても小声だった」と紹介。日本は一言も発する必要がないほど各所に配慮があって、自動化も進んでいるため、日本人はまるで「話すことを嫌う人びとなのかと思ってしまうほど」だと感想をもらした。特に京都にある国民公園である「京都御苑」を訪れた際には誰もが静かであったため、自分の歩く音しか聞こえないほどだったという。

しかし、日本で話をする機会があった日本人のなかには中国について関心を示し、色々なことを尋ねてくる人も複数いたそうで、日本人は決して「話すことを嫌う」わけではないと指摘。ただ、日本人は公共の場所ではルールや秩序を守り、他人に迷惑をかけないよう行動するため、「適切なタイミングでない限りは不必要なことまでは話さないだけ」であることがわかったと伝えている、
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
日本は地理的に近うえにビザ発給要件も緩和されたことから、多くの中国人が日本を訪れるようになったが、ほとんどの中国人は日本語がわからないと言う。団体ツアーで訪日した場合は、旅程が予め決まっていることから突発的なトラブルに直面するケースは少なく、さらにガイドが通訳をしてくれるが、個人観光ビザで訪日した場合は、すべてのことを自分が行わなければならないため、言葉が分からなければ多くの問題に直面しかねない。

だが移動については、日本は漢字が使われている国であるため、日本語を話せなくても地図を見れば目的地は解るという。さらに、中国人の主要な訪日目的である買い物についても、大手の商業施設や量販店には中国人スタッフがいるので安心だという。食事については、日本の飲食店はメニュー表に写真が掲載されていたり、食品模型が設置してあったりするため、問題ないという。

世界国々から多くの観光客を受け入れるとなると、人工知能ロボットなどが、言語を含めフォローする時代となってきただけに、ますます便利になるだろう。とはいえ、日本人の語学力と言う側面から見ると、内需国とはいえ物足りなさを感じる部分でもある。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月20日 17:27 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp