韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  消えぬ民進再結集説のワケ 政党移籍、法的制約なし

消えぬ民進再結集説のワケ 政党移籍、法的制約なし

衆院選(22日投開票)後に民進党が再結集するとの臆測が絶えない。希望の党、立憲民主党、無所属でそれぞれ当選した議員による選挙後の民進党への合流に法的制約がなく、ハードルが低いからだ。(沢田大典)

「野党の分断、本当に申し訳ない」。民進党の初代代表だった岡田克也元外相は19日、神奈川県藤沢市で行った同党出身者の応援演説で、こう聴衆にわびた。自身は無所属で出馬した岡田氏は記者団に「民進党に戻ることを前提には考えていない」と述べるにとどめたが、野党分裂で自民党が優位に選挙戦を進めており、反自民勢力結集の必要性は痛感しているようだ。

その手段の一つである民進党再結集は、同党の小川敏夫参院議員会長が唱えた。12日、産経新聞に「立憲民主党、無所属、希望の党に行った人も含め、もう一度自民党に代わりうる政党として民進党を取り戻したい」と述べた。





「有権者を愚弄した話」(民進党の前原誠司代表)と反発が集中し、小川氏らは火消しに追われた。それでも再結集説が消えないのはハードルが低いためだ。国会法109条の2は、比例代表で当選した議員が選挙で競合した政党や政治団体に移ることを原則、禁じている。選挙区当選者の政党移籍に制限はない。

しかし、同法には抜け道がある。今回の衆院選で競合していない政党、つまり一人も候補者を擁立しなかった民進党には、どの政党からも移ることができる。両党や無所属の当選者は全員、民進党に入ることが可能なのだ。
http://www.zakzak.co.jp/

【関連記事】
「希望」「立憲民主」「無所属」の3つに分裂した民進党は2017年10月22日の衆院選開票で独自に開票センターを設置し、前原誠司代表が会見する予定だ。前原氏は衆院解直後の両院議員総会で、希望への事実上の合流を表明したが、希望側が「排除」を表明したことで分裂劇につながった。希望が選挙戦序盤で失速したこともあり、前原氏が分裂劇の責任を追及されるのは必至。進退問題にも発展しそうだ。 一方で、無所属や立憲民主から出馬した候補や、参院民進党による「再結集」や新党「合流」論もくすぶっており、野党再編の可能性も残されている。 詳細はこちら

立憲民主党の枝野幸男代表は、再結集に関し「私たちは新しく立てた旗を高く掲げて前へ進んでいきたい。後ろ向きのことは考えていない」と述べ、民進党には戻らない考えを明言している。同時に「排除の論理は取らない」とも述べ、立憲民主党の党勢拡大に意欲を示した。 詳細はこちら

毎日新聞は、希望の党への合流をめぐって分裂した民進党出身の前職らが衆院選後に再結集を狙う動きが加速しており、希望の党が自民党との関係を含めて政権構想を明確に示せず伸び悩んでいるため、自公政権と対決する野党を再建する狙いがあると報じている。選挙は終わってみないと何とも言い難いのだが、分裂そして出戻り…。一方で加速しすぎた小池氏の野望。 安倍総理が政権維持する以上、森友学園問題や加計学園問題などが常にくすぶり続けるだろう。

小池氏の究極はまだあるのか…。安倍総理は難題山積で自身の限界を見たはず。自身の年齢を含め、外交に自国経済再生とで動きが鈍るのは当然だ。今後の総理はある程度、若いほうが良い。何より行動力がある。それを支える相談役がいれば良いわけで、安倍総理も衆院解散だけでなく、勝利後の秘策があるのか…。 個人的には選挙後に関心があるが…。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月21日 17:38 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(3)
比例代表の選挙制度が成立たない
小池百合子氏の手腕に期待して比例代表を希望の党とした場合、党の指名順位で当選する者が決まる。
結果、移籍してきた古参者が多く当選する。
選挙後、再度党が分裂して移籍組が民進党に帰って行けば完全な詐欺行為と言える。
つまり、政党に投票する選挙制度は成立しないと言う事に成る。
選挙制度を変更すべきだ。
[ 2017/10/22 01:49 ] [ 編集 ]
やりたければやればいいとしか言いようがない
まあ、自殺は民主党からの伝統だしな
[ 2017/10/22 19:12 ] [ 編集 ]
無節操・無策集団
元民進(選挙前)から立憲民主と無所属を差し引いた残りが
純民進、この集団は分かりいいから、再結集しなくていい。

民進から希望へ移籍した人達、この集団はフィルターにかかって、
ふるい落とされる無節操・無策集団。比例で当選しても
このレッテルは消えないから、逐次フェードアウトだろう。
民進時代の反安倍主張の数々を元に戻すには、希望を抜ける
しかない。まったく馬鹿げている。
[ 2017/10/22 21:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp