韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日立の英高速鉄道のトラブルを中国は「冷静に受け止めるべき」

日立の英高速鉄道のトラブルを中国は「冷静に受け止めるべき」

日立製作所の新型の高速鉄道車両が、16日から英国で営業運転を開始したが、技術的問題によって遅延が発生したほか、座席が濡れる水漏れも起きた。このトラブルは、高速鉄道の輸出をめぐって新幹線とライバル関係にある中国でも大きな注目を集めたが、中国メディアの鲁南在線は20日、「中国は今回のトラブルを冷静に受け止めるべきである」と論じる記事を掲載した。

記事は、日本の新幹線に関する技術力は相当成熟しており、安全な運行に関する経験も豊富であるため、今回のトラブルは「笑い話」に過ぎないと考える中国人が多かったと紹介する一方、中国高速鉄道のエンジニアは「偶発的に起きたトラブルではない」と考えているようだと紹介。そこで、「笑い話」と考えるのではなく、中国としても今回のトラブルが起きた背後にある要因を分析し、中国の高速鉄道輸出事業に活かしていくべきであると論じている。





まず、トラブルが起きた背後には、日本には「海外で高速鉄道を建設した経験が足りない」という要因があり、また国内に様々な気候があり、地域によって気象条件、地学的要素が異なる中国に比べ、日本は様々な条件下で高速鉄道を運行させるための経験が圧倒的に不足していると主張。

また、中国は自国を中心とした経済圏の確立を目指す「一帯一路」という国家戦略のもとで高速鉄道の輸出を推進しているのに対し、日本は単純なビジネスとしての「利益」が目的であり、高速鉄道車両で水漏れが起きたのは「品質管理に不足があるためであり、これは利益優先のために品質を犠牲した弊害である」と推察した。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
今回の新型車両導入はあくまで「既存車両の更新」であって、スピードアップを図る目的で製造されたものではない。最高運転速度は時速201kmにとどまる。ロンドンからの下り一番列車は予定どおり午前7時にパディントン駅を発車、順調にブリストルに向け走行を続けた。英国で交通アナリストとして活躍するサイモン・カルダー氏は乗り心地について「英国ではこれまでになかった素晴らしいもの。日本で新幹線に乗ったときのスムーズさを思い出す」とその性能に太鼓判を押した。ところが、早朝6時にブリストルを出発した上りの一番列車では、発車時刻の遅れ、天井から水が流れ落ちる、バイモードの故障など、いくつものトラブルが発生していた。 詳細はこちら

今回のトラブルを巡っては、車両メーカーである日立が自ら、運行オペレーターおよび利用者に対し、事情説明と陳謝を行ったという。これは、GWRとの契約で車両のメンテナンスを日立が受け持っているという事情によるとの事。その国々の特徴調査で対応するべき重要部分となる品質項目が必ず発生する。今後の日立の鉄道戦略にとって最優先の課題となるだろう。


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月21日 18:40 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
胡散臭い
初期納入品は日本國内産。
現地(英国)で相当長期間試運転して細かいトラブルはその都度対処して手直ししていたはず。
当然雨の日も走行テストをしていたはず。
雨天で乗客満員時のブレーキの効き具合のテストにそれ相応の重量のダミーを載せるとか・・・
それが開業初日にトラブル発生・・・なんだか非常に胡散臭い感じ。
現地スタッフに潜り込んでいる大陸系や半島系もしくは欧州でもめているイタリアとかの工作員が細工をしたりしたとか。
捜査機関に依頼する事が肝要。
[ 2017/10/22 14:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp