韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北朝鮮の核実験場に「山疲労症候群」の兆し

北朝鮮の核実験場に「山疲労症候群」の兆し

北朝鮮の核実験場がある万塔山(マンタプサン)が崩壊直前との主張が出された。 ワシントンポストなど米国メディアは万塔山の地盤が6回の核実験で大きく弱まり大規模陥没が起きる可能性もあると観測した。 これに先立ち17日に米国の北朝鮮専門メディア「38ノース」は核実験後に観測された人工地震などの資料を分析した結果。万塔山の地下坑道が大きな被害を受けており、「山疲労症候群」の恐れがあると明らかにした。

実際に先月3日の北朝鮮の6回目の核実験でマグニチュード(M)5.7の人工地震が発生し、8分後に似た場所でM4.6の地震が発生した。 続けて先月23日と今月12日にもM2.6~3.2の余震が相次いで起きた。 余震はすべて自然地震であると確認されたが、6回目の核実験の余波と分析される。 6回の核実験で山の地盤が弱くなり、陥没や山崩れなどを起くる可能性があるということだ。





また、メディアは追加核実験が万塔山の崩壊と放射能流出につながりかねないという中国の科学者の懸念も伝えた。 一部米国メディアは豊渓里(プンゲリ)核実験場はこれ以上機能できないかもしれないと報道したが、38ノースは核実験が行われた出入口のほかに2つの地下坑道があるという事実を考慮すると、豊渓里核実験場を閉鎖することはないだろうと明らかにした。
http://japanese.joins.com/

【関連記事】
北朝鮮による6回の核実験のうち、初回を除く5回は豊渓里の実験場の山の地下で行われてた。6回目の核実験が行われた先月3日以降、この実験場付近ではこれまでに小さな揺れが3回観測されている。これまでの実験の影響により、この核実験場はさらなる地下核実験には適していない可能性があるとの報道もある。

山疲労症候群は岩に囲まれた地域で行われる地下核実験による影響を表す呼び名で、実験により周りの岩場は広範囲にわたってひび割れ、雨水や地下水などを透過しやすくなることをいう。8ノースによると、6回目の核実験による影響は爆心地から約1.4キロまで広がっている可能性があり、山疲労症候群による影響が懸念されるという。

韓国統一省の趙明均長官は、核実験により北朝鮮住民が被ばくした可能性は十分にあると述べている。実は、豊渓里近くには、悪名高き政治犯収容所「16号管理所」(化城〈ファソン〉収容所)が存在する。ここに収容された政治犯が、核実験施設で防護服なしで強制労働させられているという情報がある。核実験場ではないが、北朝鮮のウラン鉱山で働く労働者の平均寿命はその他の地域に比べ著しく短いとも言われている。 北朝鮮、ウラン鉱山近辺で深刻な放射能汚染


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月22日 10:36 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp