韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  生産管理の革新に失敗した日本製造業…問題が芋づる式に出てくる可能性

生産管理の革新に失敗した日本製造業…問題が芋づる式に出てくる可能性

2017年10月21日、解放日報系のメディア・上観は、日本の製造業で不祥事が相次ぐようになった背景について分析した、中国・日本企業研究院の陳言(チェン・イエン)院長のコラムを掲載した。陳氏は「日本の街頭で売られている新聞や雑誌を見ると、衆院選ではなく日本の製造業の問題が大きくクローズアップされている。そこからは、日本の製造業がすでに非常に厳しい時期に入っていることを強く感じさせられる」とした上で、この20〜30年で感じられた日本企業における変化について論じている。

まず「この30年、日本の製造業は大々的に国外へと生産拠点を移し、新製品の研究開発や発展戦略部門を国内に置く戦略を取ってきた。日本企業は頑張って新製品を開発してきたが、特に電子製品のデジタル化にあたっては何一つ注目される製品を開発できなかった。国外では本国の生産モデルを踏襲し続け、生産管理体制をリニューアルしなかった」とした。





また、かつては生産ラインの最前線にいた正社員が管理者、監督者に回り、その多くがラインを離れて財務諸表などの企業内部文書をきれいに仕上げることに力を注ぐようになった点もだと指摘。「技術革新の停滞、生産ラインの臨時工化が消費市場との乖離(かいり)を生んだ」と論じている。

陳氏は「日本企業の社員は会社に忠実で、上司の命令を寸分の違いもなく実行することはよく知られている。しかしそれは、好景気で潤沢な利益が出ているという前提でうまくいくもの。一度経済が下向きになれば、日本企業に潜んでいた各種の問題が爆発することになる。そして多くの場合、日本企業で問題が発生するとその後芋づる式により大きな問題が見つかるのだ。メディアが暴露しなければ、多くの企業が偽装や改ざんを続けることだろう」と指摘した。
http://www.recordchina.co.jp/

【【管理人 補足記事&コメント】
中国メディアの翻訳記事であるが、日本企業の不祥事は古い体質のまま残っている企業に多い。しかし今の日本企業は世代が変わり、品質システムを変更するのにトヨタでさえ長い年数を費やしてきたが、今だ社内外の品質クレームには頭を悩ましている。だが、日本企業にはシステムがあり、ISOも取得し内部・外部監査もある。

中小企業のみならず、様々なシステムを持ち、それを維持管理するのは非常に難しいのも事実。例えば化学物質管理などは、材料メーカーから発行される材料証明書等などで、それが正しいかどうかの分析は大半の企業では実施しないだろう。隠蔽された証明書などが発覚したら、日本企業は大混乱となる。

隠蔽体質はデータ改ざんで問題の神戸製鋼所に共通する。東芝などは不正会計が発覚して存亡の機に追い込まれた。日本の大企業はなぜ簡単に不正を隠蔽するのか。「家族経営だからです」とは危機管理コンサルタントが指摘しているが、単に一つの要因でしかないだろう。内部監査には経営者となる社長の監査も含まれる。まして10年以上も隠蔽したことが見つからないのは内部のマンネリ化にある。同時に隠蔽を見つけた社員のほうが、犯罪者扱いされるような企業体質では論外となる。

そういう意味では、大企業も時代とともに経営者が変わり、単にタテ組織ではなく、ISOや品質保証体系に沿った組織であれば良いわけで、世界標準についてゆけない、或いは利益だけしか追求しないで、利益減となった原因をしっかり調査するだけの分析体質を持たない企業や、古い体質企業は注意が必要と言える。


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月22日 11:51 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
企業の最高益更新続出
日本ダメ出しの期待で書けば、こういうことになるでしょう。
確かに製造業は問題のある企業が続出でした。
好業績のなか、「出しちゃえ」とすべった転んだ(一部の不祥事)が露呈。
しかし、全体では企業業績は好調なようで、利益の上方修正続出。

上場企業の2017年3月期の連結決算
減収(3%減)、増益(18%)=円高がプラスに影響したのか、
3割が過去最高を更新

もうひとつの増益要因は賃金の停滞。こちらのほうが問題だが、
国策として内需の伸びは期待されない。今くらいで丁度いいと、
目標インフレ率未達成でも問題視されない。
悪く言えば、国民は安倍政権になめられている。

賃金が抑え込まれている中、円安傾向だから、次の決算は
輸出企業を中心にして、また最高益更新じゃないですか。
[ 2017/10/22 13:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp