韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  ドコモの2画面スマホ「M」 ソシャゲ民がざわつく理由

ドコモの2画面スマホ「M」 ソシャゲ民がざわつく理由

NTTドコモは10月18日、2017-2018冬春向けの新商品発表会を開催した。11機種にも及ぶ多彩なスマホが発表されたが、ひと際目立った機種が2画面スマホ「M Z-01K」。ネットでは、ユニークな仕様が話題だが、とりわけソシャゲユーザーが盛り上がっているようだ。

「M Z-01K」はドコモがオリジナルブランドとして企画・開発し、中国メーカー「ZTE」が設計、製造を担当したグローバルモデル。最大の特徴は何といっても、折りたたみ式の約5.2インチディスプレイを2画面有している点だろう。

例えば、1つの画面で動画を見ながらもう1つの画面で友達とSNSでコミュニケーション、もしくは、地図アプリとブラウザを同時に表示しながらお店探しといった楽しみ方が想定される。画面を切り替える手間なしの快適なマルチタスクを実現したというわけだ。もちろん、画面間のアプリを移動することもでき、その際には二本指のスワイプのみで実行可能。





画面下部のナビゲーションバーのモード切替メニューをタップすれば、「通常モード」「ミラーモード」「2画面モード」「大画面モード」の4つに切り替えられる。特に「大画面モード」で2画面開いて使えば、約6.8インチの大画面になり、より迫力ある映像、実物の本に近い感覚の電子書籍を楽しむことができる。
http://news.livedoor.com/

【関連記事】
かつて同様のコンセプトを持つスマホとして「MEDIAS W」があった。それを復活させたのがドコモであるが、興味深いのは「M」が海外でも販売されることだ。現在、「M」の取扱いを表明するのは、米国のAT&T、そして英国のVodafone。AT&Tでは「Axon M」として売り出すが、「M」はドコモにとってのグローバルモデルとし、AT&TやVdafoneからは販売台数に応じたロイヤリティを手にするようだ。ちなみに、自社企画のスマホが海外で発売されるのは初になるという。 詳細はこちら

「M」誕生の背景を探り浮かんでくるのは、iPhoneを含むスマートフォンへの不満だ。「5インチディスプレイを備えた長方形型のモバイル通信端末」という括りから、大きくそれることはないのが今のスマホだ。新商品もチップやカメラの性能がわずかに向上し、デザインが少し変わるだけで、大きな変化がない。「M」の海外販売はまだ2社だが、多数の海外オペレーターと交渉をしており、取り扱いは今後も増えていきそうだと伝えている。


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月22日 17:49 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp