韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスンはなぜTV市場占有率に敏感になったのか?

サムスンはなぜTV市場占有率に敏感になったのか?

サムスン電子がユーチューブを通じて競争会社のテレビ製品との比較実験を発表したのに続き、グローバル調査機関の市場占有率結果が正しくないと主張するなど、テレビの実績をめぐり敏感に対応している。サムスン電子は、クォン・オヒョン副会長が辞任した後、大規模役員人事を控えている。

サムスン電子家電部門映像ディスプレイ事業部は20日「グローバルTV市場のトレンド」ブリーフィングを開いた。サムスン電子のイ・ユン専務は「2500ドル以上の価格帯のテレビ市場で、年初には苦戦したが、競争会社との差を広げている。通常、年末である第4四半期に(販売が)増えることを考えれば、さらに上昇すると見られる」と話した。サムスン電子は、今年初めに画質を改善した新しいプレミアム級LCD(液晶表示装置)テレビ“QLED”を出したが、市場ではOLED(有機発光ダイオード)テレビの販売が増え、期待に達していないという評価を受けた。





この日サムスン電子は、ドイツの市場調査機関であるGFKが出した2500ドル以上プレミアム級テレビの市場占有率結果に基づいて、サムスンが今年第1四半期の33%から第2四半期には38%に上昇したのに続き、8月基準では42%まで上がったと明らかにした。一方、市場調査機関IHSの結果を見れば、サムスンはこの市場で第1四半期11%、第2四半期17%に終わり、競争企業等に遅れをとっていると出てくる。2015年にはサムスンがこの市場の半分を占めた。LG電子はIHSの結果に基づいて、プレミアム級市場でOLEDテレビジョンがサムスンLCDテレビを追い抜いたと主張している。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
ハンギョレ新聞は、証券街では、サムスン電子が今年第3四半期に14兆ウォン(約1.4兆円)を超える史上最高の営業利益をおさめたが、家電部門の営業利益は約4000億ウォン(400億円)程度に終わったと推定している。営業利益率も今年第2四半期に2.9%に下落した状態だ。一方、LG電子のテレビを担当するHE事業部門の営業利益率は8.5%であった。電子業界関係者は「プレミアム市場で販売が振るわなければ、在庫を圧縮するために価格を下げなければならない。その結果、収益性に問題が生ずる。サムスン電子がどれほど差し迫っているかを知ることが出来る」と話したと報じている。

何でも一位を狙うサムスンに焦りが出ているのも事実。半導体がいつまで持つのかと言う部分で不安があるのも事実。プレミアム市場でソニーがLGのパネル供給をうけて、独自技術を上乗せし、高画質技術で優位に立っているわけで、ソニーも踏ん張りどころではある。LGさらにはソニーと言う企業のみならず、中国企業も狙いを定めているわけで、サムスンが有利とは言い難い環境となった。そもそもスマホを除く家電での利益が少ないサムスンに対し、LG電子はテレビ事業が主であったわけで、サムスンが投資するほどに、内部留保金を使い果たせば、新技術への道が遠のくばかりとなる。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月23日 10:14 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp