韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  小池劇場閑散 希望、風も「排除」され「どこで失敗したのか」

小池劇場閑散 希望、風も「排除」され「どこで失敗したのか」

大勝した昨夏の東京都知事選、今夏の都議選の再現を国政で狙った希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は22日、出張先のパリで、「非常に厳しい結果だ」「自分に慢心があった」と顔をこわばらせた。21日深夜に東京・羽田を出発し、22日未明、フランスに到着した小池氏は、環境関連の国際会議などに出席。世界各都市のトップと笑顔で言葉を交わして公務をこなしたが、党代表として報道陣の取材に応じた際には表情が一変した。

選挙期間中、公務の合間に全国の公認候補の応援に駆け巡った。「(大阪府知事の)松井(一郎)さんも同じ立場だ」と話し、二足のわらじ批判に反論し続けたが、批判が強まるにつれキャンセルした公務の出席を急遽(きゅうきょ)決めるなど対応のブレが際立った。 党立ち上げから1カ月も持たずに失速。公認候補が演説で離党の可能性を口にしたほか、選挙ポスターを差し替え、小池氏の写真や「希望の党」の文字を目立たなくするなど党内で離反の動きが広がった。





擁立候補選定に関する「排除」発言については、「きつい言葉だった。傷付けるつもりはなかった」と事実上、発言を修正。「言葉を切り取られ真意が伝わっていない」とメディアへの恨み節を口にした。選挙戦終盤には周囲に「選挙後、代表を辞任した方がいいかな」と弱音を漏らし、側近にこう問う場面もあったという。

「私はどこで失敗をしたのか…」
結局、東京の選挙区で勝利したのは21区の長島昭久氏のみ。希望の大敗が決まった直後、パリから中継で出演した民放のテレビ番組でも「排除」発言に触れ、「言葉を仕事にしてきただけに注意すべきだった」と繰り返し反省の弁を述べた。そのうえで、共同会見では「国民、都民の皆さんの『都政に邁進(まいしん)せよ』というメッセージだと受け止めている」と神妙に語った。
http://www.zakzak.co.jp/

【管理人 補足記事&コメント】
擁立候補選定に関する「排除」発言だけが問題ではないだろう。 私は自民党からの離党者を増やして吸収できなかった時点で無理があると考えるが…。野党の政党は様々だが、今までの実力から考慮すれば何も変わらない。自民党が分裂するくらいの事態が発生しない限りは難しい。一方で、自民党は小泉氏を選挙応援演説へ活用したことは大きかったと言える。

一方、安倍晋三首相は22日夜のNHK番組で、来年9月の自民党総裁選で3選を目指すかと問われ、「まだ1年も先のことについては全く白紙だ」と述べている。今回の衆院選で自民、公明両党で大勝したことについては「安定した政治基盤のもとに政治を前に進め、結果を出すという国民の声だったと考えている」と語っている。問題は総理自身の問題も山積であるから、どこかの時点で動く可能性もある。安倍総理の胸の内は予想以上に複雑なのではないか…。


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月23日 10:57 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
勘違いと甘い読み
「排除」発言を敗因にもってくるのは「分かりやすさ」を
ねらうメディアの作文で、小池氏も乗りやすいところ。

ほんとの敗因はちがうところにあって、その本質に
ふれるのは小池陣営としてあまりにも惨めなこと
だからそこは言わない。

つまり、都議選の圧勝にうかれて、政局を作れば勝てる、
政策は二の次という勘違いと甘い読み。有権者はちゃんと
見ている。
自民党は訴求点を明確にして、都議選の敗戦から建て直しが
しっかりしていた。
[ 2017/10/23 14:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp