韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  トランプ氏、日本だけに行きたかった…訪韓の最大の目的は

トランプ氏、日本だけに行きたかった…訪韓の最大の目的は

米国の韓半島(朝鮮半島)専門家、マイケル・グリーン・ジョージタウン大教授に中央日報がインタビューした。

トランプ大統領の今回の訪韓の本当の目的は何だと考えるか。
「ホワイトハウスは初めは訪韓はなく日本だけに行きたかったものと考える。しかし、多くの専門家が韓米同盟で強力な連帯を示さない場合、北朝鮮を抑えることはできないと説得して訪韓日程も含まれることになったと聞いた。結局、訪韓の第一目的は北朝鮮であることが明らかだ。第二の目的は米国国民のための経済イシューである韓米自由貿易協定(FTA)改正問題だ。両国がFTA改正交渉に進展があるというラインで話せるなら両国にとって最善だろう。そうではなく、訪韓期間、トランプ大統領がFTA脱退発言をするようなことがあれば、韓米同盟はより大きな危機に直面することになる」





今回のアジア歴訪の真の目的は訪日という意味か。
「私の言いたいことは、トランプ大統領は安倍首相が好きだという意味だ。安倍首相は理念的にトランプ大統領と近く、北朝鮮問題に対してはるかに強硬だ。私は文大統領が個人的に好きで尊敬しているが、彼は非常に温和な性分だ。トランプ大統領はこれを弱気と見ている。日本の場合、トランプ大統領が環太平洋経済連携協定(TPP)脱退を宣言した後、韓国のようにFTAのような再協議や大きな摩擦を起こすような事案がない」

文大統領に首脳会談に対して助言をするなら。
「トランプ大統領に北朝鮮を包容するべきだとか北朝鮮と首脳会談をするべきだというような説得しないでほしいと言いたい。米国はミサイル試験を凍結する代わりに韓米連合訓練を中断するいわゆる双中断(Freeze for Freeze)交渉をしないことだ。行政府はもちろん、議会も反対する。米国が北朝鮮と実務級接触をする時まで静かに待つほうがいい。その代わり、私は文大統領がトランプ大統領と一緒にDMZを訪問して『私は特殊戦司令部出身だ』と言って韓米連合訓練や米国の戦略資産の配備やロケット技術の移転などをテーマに話をして『一緒にやっていこう』と話すべきだと考える」
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
安倍晋三首相が待ち望んでいたドナルド・トランプ大統領との初めての日米首脳会談が、2月10日、ホワイトハウスで実現した。アメリカとウインウインの関係を築く政策というよりは、日本の国益を削ってアメリカに差し出す結果となり、このせいでアベノミクスは、ますますゴールから遠のくことになった。ある外務省関係者は、トランプ大統領が、本当にパートナーかどうか見極めたかったのは、安倍晋三首相ではなくて、随行した麻生太郎副総理兼財務相だったと語ったとも言われる。

11月のトランプ大統領の訪日目的は何か…。個人的には非常に気になる部分である。単に日米同盟強化のアピールでは不足だろう。むしろ日米FTAと貿易赤字が大半では…。トランプ大統領は自国へのアピールのほうが大きいのではと思うが…。安倍総理にとってトランプ大統領はどういう存在なのかは…、互いに曖昧だろうという気がする。つまり人間関係はまだまだ築いてはいない。安倍総理の胸の内は北朝鮮脅威における米国との協力関係だが、トランプ大統領は日本との貿易赤字を減少させるのみと考えれば、互いの心はすれ違ったままとなるが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月23日 18:40 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp