韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  「新四大発明」の一つ「シェアサイクル」が日本では浸透しないワケ

「新四大発明」の一つ「シェアサイクル」が日本では浸透しないワケ

中国でシェアサイクルが急速に普及している。安価な利用料金、どこでも乗り捨てができるという利便性が普及を後押ししており、シェアサイクルを手がける企業は日本をはじめ、中国以外の国への進出も加速させている。火薬、紙、印刷、羅針盤は古代中国の4大発明とされているが、近年の中国では高速鉄道、モバイル決済、ネット通販、シェアサイクルが「新4大発明」と言われることがあり、これらのサービスが中国人の生活を大きく変えたことを示唆するものだ。

中国の一部のシェアサイクル企業はすでに日本でもサービスを開始しているが、中国メディアの中関村在線はこのほど、なぜ中国でなくてはならいサービスとなったシェアサイクルは、日本では勢いよく普及しないのかと疑問を投げかける記事を掲載した。





記事は、日本在住の中国人から聞いた話として「日本に進出したはずの中国発のシェアサイクルは、日本ではほとんど普及していない」と伝え、それは日本と中国が様々な点で違っているためだと指摘。たとえば中国では経営者同士が酒を飲みながら新しい事業アイデアを思いついた場合、数日もすれば事業はスタートしているほどで、イノベーティブな事業であれば、法律やルール、行政すらも無視して始めてしまうと紹介する一方、日本では法律や行政の許可は絶対であるとした。

また、中国でシェアサイクルが流行した背後には、公共交通機関の混雑や利便性の低さ、そして公共交通機関では埋められなかった「目的地まで残されたわずかな距離」が存在したと指摘。また、中国では自転車の窃盗が多かったが、シェアサイクルの登場によって中国の人びとは盗まれることを気にせず、駅から目的地まで残されたわずかな距離を快適に移動できるようになったとし、中国でシェアサイクルが流行したのは必然の要素があったと推察した。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
自転車をシェアしようという動きはすでに日本でも広がっており、自治体のコミュニティサイクルや、セブンイレブン店頭を拠点とするレンタル自転車をNTTドコモの子会社が提供している。しかしその多くは、「使ったあとの自転車を決まった場所に返さなければいけない」という当たり前の手間を解消することができず、実際に普及しているとは言い難い状況にある。日本進出を決めた「Mobike」という中国発祥のこの会社は、すでに中国国内で1億人以上のユーザーを抱えている。海外展開も積極的で、シンガポール、英国に進出を済ませ、17年末までに国内外200都市でのサービス提供を行うと宣言している。

しかしGPSが搭載され、どこでも放置できる便利さの反面、乗り捨てられた自転車が交通の邪魔になる、壊れていても適切にメンテナンスされていない、使用上のマナーが悪くて事故が多い……など、多くの問題が指摘されている。中国国内でも日々論争が起こり、事業者側も行政もまだまだ試行錯誤を繰り返している段階だ。日本の法律上「放置自転車」が明確に定義されておらず、法的リスクがあること。放置自転車が大きな社会問題になった過去の経験から、多くのクレームが予想され、社会から積極的に受け入れられないだろうと思うが…。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月24日 17:43 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp