韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  相次ぐ自衛隊機の事故、原因は深刻な老朽化

相次ぐ自衛隊機の事故、原因は深刻な老朽化

中国メディア・参考消息は22日、日本の航空自衛隊が近ごろ2日続けて航空機のトラブルを起こしたことから、機材の老朽化と不足の深刻な状況が垣間見えたとする記事を掲載した。

記事は、今月17日にUH−60Jヘリが浜松の南方約30キロの海面で墜落、失踪したのに続き、翌18日には茨城県の百里基地でF−4EJ戦闘機が離陸時に炎上する事故が発生したと紹介。UH−60Jは三菱重工が米国のSH−60ヘリを日本で組み立てしたもので初飛行は1987年、就役は92年であるとした。2010年現在で40基が現役で、主に海上捜索任務を担当しているが、機体の老化問題は今や避けられない事実であると伝えている。

また、F−4EJも1978年に配備され、すでに40年近く現役を続けている超ベテラン機であると指摘。国際的な航空サイト・フライトグローバルの統計では、航空自衛隊にはなおも74機のF−4シリーズ戦闘機が配備されており、その老朽化問題は厳然たる事実であるとした。

スポンサードリンク



記事によれば、航空機の老朽化は大国の空軍におしなべて存在する問題であるものの、航空自衛隊は極めてこの問題が突出しているとのこと。F−4戦闘機に加えて、航空自衛隊の主力であるF−15J/DJにも深刻な老朽化の波が押し寄せているという。

記事はF−15戦闘機について「冷静時代に米国がソ連に対抗すべく、1981年に日本に配備された。223機が生産され、今年4月現在でまだ155機が現役。その大部分は延命処理が施されており、軍事専門家からは少なくとも2025年までは現役だろうとの見方が出ている。しかし、2011年7月に東シナ海で飛行訓練中に事故が発生し、同年12月にも百里地付近での飛行訓練中に垂直尾翼が落ちる事故を起こしており、その老化は深刻だ」と論じている。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
日本を代表する大企業、神戸製鋼のデータ偽装が発覚したが、それだけではなく日本社会にはあちらこちらできしみが見える。その一つが自衛隊機の老朽化問題だ。17日には静岡県浜松市沖で救難ヘリコプター「UH60J」が墜落した。UH60Jは1987年に初飛行、92年に配備されたベテラン機だ。 18日には茨城県の百里基地で滑走路を移動中の戦闘機F4の出火事故が起きた。車輪の足が折れ、燃料タンクが地面に接触し引火した可能性が高いとみられる。F4は72年から配備が始まったベテラン中のベテランだ。今では日本とイラン、トルコでしか使われていない。

主力戦闘機のF−15も81年から配備が始まったベテラン機。改修を重ねているとはいえ、老朽化の問題に加え、性能的にも新型機と比べれば見劣りすることは否めない。自衛隊はF−35への転換を進めようとしているが、短期的にはF−15とF−4に頼らざるを得ないのが現状だ。人間だけではなく、戦闘機、ヘリの高齢化も目立っている。自衛隊員の高齢化に軍備の老朽化と対応するべき難題が多い。事故が起きてから対応を考えるでは遅いわけで、整備点検のみならず、企業社員同様に、軍備も年数を決めて引退させる徹底は不可欠だが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月25日 11:09 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp