韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  趙潤済駐米大使「生産性高められなければ日本のような長期沈滞の懸念」

趙潤済駐米大使「生産性高められなければ日本のような長期沈滞の懸念」

「社会全般の制度改善を通じて生産性を高められなければ韓国は日本が1990年代に経験したよりさらに速い下落を経験し長期沈滞の沼に落ちるのは避けにくい」。

大統領選挙で文在寅(ムン・ジェイン)大統領のシンクタンク「国民成長」の所長を務め政府政策を設計した趙潤済(チョ・ユンジェ)駐米大使が韓国社会に苦言を呈した。「韓国経済が低成長の海を超えるために」という副題がついた新刊『生存の経済学』を通じてだ。趙大使は25日に記者との通話で「韓国社会が所得分配の悪化、経済躍動性の喪失、国の指導部と政府の短期的視野、世代間対立に外交的危機まで内憂外患に直面している。政治経済社会全般にわたる大改革が必要だ」と強調した。

「文在寅政権設計者」らしくこの本には現政権と「コード」が合う部分が多い。所得再分配政策を支持し財閥改革を強調するのが代表的だ。趙大使は「分配構造悪化に対する適切な対処なくして韓国経済と社会は持続的に発展しがたい」と断言した。こうした脈絡から韓国政府の超高所得者・超大企業増税案を支持した。政府の公務員増員と関連しても「経済規模が大きくなり所得水準が高まって政府行政サービスの量と質に対する要求が増えている。『小さな政府』の長所ばかり強調できない」と擁護した。

スポンサードリンク


趙潤済駐米大使

だからと政府政策をひたすら支持するわけではない。趙大使は「現在福祉プログラムだけでも韓国の国内総生産(GDP)比の福祉比率は長期的に経済協力開発機構(OECD)平均に近づいていくだろう」としながら過度な福祉支出拡大を警戒した。韓国のGDP比の福祉支出の比率は2005年の6.5%から2014年には10.4%に3.9ポイント増え、OECD加盟国平均上昇率の2.2ポイントを大きく上回ったと指摘しながらだ。

労働改革も難しいが現政権が必ずやらなければならない課題に挙げた。趙大使は「大企業労働者の高い賃金水準と低い雇用柔軟性は大企業が国内投資を忌避し生産基地を海外に急速に移動させるひとつの要因を提供した」と指摘したりもした。「非正規職の正規職化」政策に対しては「正規職の譲歩なく非正規職が減り賃金格差が減ることはない」と指摘した。韓国政府が「労働積弊」と指摘し廃棄した二大指針のひとつである「低成果者解雇」が必要だとの見解を明らかにしたりもした。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
趙大使は改革のための方法として社会的大妥協を強調した。彼は「使用側は経営透明性を高め、労働側は雇用柔軟性を受け入れ、政府はセーフティネットを提供する形で社会的大妥協を成し遂げなければならない。社会的大妥協は韓国が先進国入りするために最も重要なカギ」と話している。財閥経営側と仕事をする側の話に過ぎない。何とも上辺だけの話で、どうするのかがない。

「社会全般の制度改善を通じて生産性を高められなければ韓国は日本が1990年代に経験したよりさらに速い下落を経験し長期沈滞の沼に落ちるのは避けにくい」。これも生産性を高めれば、良いという事になる。重要なのは国の質だろう。自国民であり、メディアであり政治家を含めた、すべての人材の質となる。自己都合だけで生産性を高めたところで、教育及び成長戦略ビジョンが無ければ、投資家も株主も苦言を呈するだけでなく、他企業へ移行するだろう。

今の韓国では中小企業改革が必要で、「所得主導成長」の前段階となる土台が無ければ難しい。今後低迷するにしたがって、治安も社会環境も悪化するのが、人間心理となる。このままだと、家計負債など関係なく、自国民は暴走する。今の韓国ではそちらのほうが恐ろしい…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月26日 11:13 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
オレは大使はいやなんだと
韓国にはこういうトンチンカンな人がいるから笑える。
駐米大使に着任早々、母国批判をやるかね。
今はトランプ大統領訪韓前で忙しいはずだが。

何度も固辞したが、無理やり駐米大使に引っ張り出された
人物だから早く戻りたくて言いたいことを言うのだろうか。

労働改革の持論は「正論」だが文在寅には困難な問題。
それを口にして自分だけ高所に立って「いい子」ぶる。
送り出した文在寅は面白くないだろう。
[ 2017/10/26 22:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp