韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  非難を恐れても、日本旅行がやめられない中国人

非難を恐れても、日本旅行がやめられない中国人

2012年に日本を訪れた中国人旅行客の数は98万人だったが、16年には637万人に達し、6.5倍にまで増加した。中国のネット上では、日本を旅行で訪れることは日本を儲けさせる行為であり、そのようなことをする中国人は売国奴だという論調が少なからず存在する。

しかし、中国メディアの今日頭条はこのほど、日本を訪れる中国人の数が増え続けていることについて、一部の中国人は不愉快かもしれないとしつつも、「日本には訪れたいと思わせるだけの魅力がある」ことを伝えている。

記事は、日本を訪れる中国人のなかには、批判されることを恐れて「友人に日本を訪れたことを隠しておく」人もいることを伝える一方、わざわざ周囲の人に隠してまで、中国人が訪日したいと思う理由があるのも事実だと指摘。その理由はまず、日本は中国から非常に近い場所にある先進国で、文化的な相似点も多いため「気軽に訪れることができる」という魅了があると紹介した。





また、日本を訪れた中国人は「日本には中国人が学ぶべき点が数多くあることを認識する」とし、人びとの民度や食の安全性、街の清潔さや秩序などを目の当たりにすると、「歴史問題を背景とした感情」よりも、中国人は日本の魅力に強い興味を抱いてしまうのだと論じた。 さらに、一部の中国人が日本を訪れることを批判する背後には「抗日映画や教科書を通じた洗脳、刷り込みがある」とし、一度でも訪日した中国人は「真面目で謙虚で友好的な日本人」の姿や、秩序ある日本社会を通じて先入観や固定概念が覆され、リピーターになってしまうのだと指摘している。

観光庁の2017年7ー9月期の訪日外国人消費動向調査によれば、日本を訪れた中国人のうち、初めての訪日だったのは全体の57.4%で、42.6%がリピーターとしての訪日だったが、こうした魅力があるからこそ日本を訪れる中国人が年々増加し、まったく減る気配がないのだと伝えている。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
中国のネット上では日本を激しく批判する人がいると紹介する一方、「このあいだまで日本を罵倒していた知人が日本旅行に行ったらしい」と紹介する記事を掲載した。口では日本を批判していながら、実は日本を旅行で訪れるなど、一致しない言動について疑問を投げかけ、中国人ネットユーザーたちが議論を交わしているとサーチナが報じた。
 
「日本を罵倒する一方で、実際は日本に観光旅行に出かける」という一致しない言動を取る中国人がいることに驚きを示したところ、中国人ネットユーザーたちから「口では日本嫌いと言っておきながら、体は誠実な中国人は多い」という意見が寄せられた。幼少の頃からの愛国教育により、日本という言葉に対して無条件に反応し、周囲に迎合したうえで日本を罵る人は少なくないのだという。

1980年代以降に生まれた中国人にとっては日本のアニメや漫画を見て育った人も少なくないため、「ネットの世界では日本を罵りつつも、現実の世界では日本を訪れ、日本製品を愛用する」という奇妙な現象が生まれているという指摘をしている。韓国人も反日政策の国でありながらも、日本で仕事を探したり旅行したりと、こちらもまた不思議だが、反日は日本政府だけだと自己都合な言葉が並ぶ…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月26日 12:54 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp