韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国好況にはまだ遠い第3四半期の急成長

韓国好況にはまだ遠い第3四半期の急成長

韓国の経済が第3四半期に前期比1.4%も成長したと韓国銀行が26日発表した。速報値であるため後の暫定値とは差もありえるが、近ごろでは稀な高い数値であることは間違いない。分期別成長率で7年ぶりの最高値だ。しかし輸出と政府支出増加が成長を牽引しており、民間消費増は相変らず不振から脱せずにいる。今年の韓国経済は3%の成長を達成するとしても、構造的な短所を克服するにはまだほど遠いことを示唆している。

分期別経済成長率が前期比1.4%ということは、そのまま4四半期のあいだ成長すると年間成長率は5.7%にもなるという意味だ。単純に昨年の第3四半期に比べても3.6%成長している。今年に入って第3四半期まで累積の国内総生産は昨年の同期間に比べて3.1%増え、第4四半期に大きく悪くならなければ今年の年間成長率の3%達成は可能に見える。韓国の実質国内総生産成長率は、2012年以来3%を越えたのは2014年(3.3%)の一度きりだ。


世界経済の回復が韓国経済の大きな力になっている。輸出が6.1%も増えて成長率を大きく引き上げた。1.4%成長率の中で純輸出の貢献度は0.9%にもなった。追加補正予算案を編成して執行することによって政府の消費が前期比2.3%増えたことも成長率を0.4%引き上げた。建設投資は1.5%増え、成長に害を及ぼさなかった。問題は民間消費がほぼ変わらなかったというところにある。前期比0.7%(前年同期比2.4%)増加するのにとどまり、1%成長した第2四半期までも届かなかった。第3四半期の月平均就業者の増加幅は27万9千人で、第2四半期の36万7千人より大きく減少している。第3四半期にも家計負債は大幅に増えた。家計所得が増え、これをベースに民間消費が安定的に増加して経済全般が活気を取り戻す好循環にはまだ程遠い。
http://japan.hani.co.kr/

2017-10-27-k003.jpg

【管理人 補足記事&コメント】
経常収支とは、「貿易収支」「サービス収支」「所得収支」「経常移転収支」の4収支からなる。韓国の経常収支に最も影響を与えるのは貿易収支だ。貿易収支は「財の輸出」から「財の輸入」を引いて計算される。輸出が伸び悩んだとしても、輸入が激減すれば、貿易収支や経常収支の黒字は拡大する。2016年の貿易額は9,015億ドル(輸出:4,955億ドル、輸入:4,061億ドル)。 輸出に依存する韓国経済だが(輸出の対GDP比は45.9%)、 2016年の輸出は前年比5.9%減(2015年は前年比7.9%減)。輸出額が2年連続減となるのは1958年以来。

2017-10-27-k005.jpg

主要な貿易相手国は、中国、米国、日本。 中国は貿易総額で第1位の貿易相手国。 2016年は約2,114億ドルで貿易額の約4分の1を占める。同年の対中輸出の割合は25.1%、対中輸入の割合は21.4%、 米国は貿易総額で第2位の貿易相手国。 2016年の貿易額は約1,097億ドル。

雇用創出も見据えた,新産業(科学技術,ICT)と中小企業の育成が課題だが,韓国はOECD加盟国の中でも各種規制が多く、ベンチャーや中小企業にとっては大きな負担となる。家計負債だけが増えて成長戦略は日本より鈍化となり、大手企業を抱える財閥企業は、半導体は元気だが、造船業は赤字受注となり、自動車産業は大きく昨年から減少している。未来産業と言う部分で、何を成長戦略の柱とするのかが見えてこない。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月27日 10:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp