韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  LSと韓電、日本最大の太陽光発電所を建設

LSと韓電、日本最大の太陽光発電所を建設

LSグループが韓国電力公社(韓電)と手を組んで、北海道に建設した最大規模の太陽光発電所が完成した。LSグループは26日、北海道千歳市で韓電の趙煥益(チョ・ファンイク)社長、具滋烈(ク・ジャヨル)LS会長、具滋均(ク・ジャギュン)LS産電会長などが出席した中、28MW(メガワット)級の「千歳太陽光発電所」の完成式典を行って、運営を開始した明らかにした。

千歳太陽光発電所は、日本初のエネルギー貯蔵装置(ESS)連携の融合・複合太陽光発電所である。北海道新千歳国際空港近くの約108万平方メートルの敷地に、太陽光モジュール約13万枚と13.7MWh(メガワット時)級のESSが構築された。発電所で生産した電気は、電力販売契約を交わした北海道電力を通じて、今後20年間に渡って、1kWh(キロワット時)当たり40円で販売される予定である。韓電はこれにより、年間約1万世帯に供給可能な28MWの電力を販売して、317億円(約3138億ウォン)の電力販売代金を受け取り、20年に渡って約64億円(約633億ウォン)の配当収入を得るだろうと期待している。





発電所の建設費用は113億円(約1118億ウォン)だ。具滋烈会長は、「LS産電と韓国電力が大韓民国の技術力で、北海道最大の太陽光発電所を構築したことは極めて象徴的なことだ」とし、「今回のプロジェクトの成功をきっかけに、LSが強みを持っている電力分野に新技術を融合させ、エネルギー産業のパラダイムを主導していきたい」と語った。

LS産電は今回の発電所を通じて太陽光分野で技術力を証明し、事業開発のノウハウをもとに、グローバル市場の攻略に注力する計画だ。米市場調査機関「IHSマーケット」によると、世界的太陽光発電の市場規模は、今年は68GW(ギガワット)水準で、昨年の58GWより約17%が拡大され、来年は73GWまで成長すると予想されている。
http://japanese.donga.com/

【管理人 補足記事&コメント】
千歳太陽光発電所は日本最初のESS連携融合・複合太陽光発電所で新千歳国際空港近隣約108万平方メートル敷地に太陽光モジュール約13万枚と13.7メガワット時級のESSが構築された。建設費は113億円で、韓国の技術力で完工した。 LSグループ関係者は「米国、中国と共に世界3大太陽光市場である日本で事業力量を認められただけに東南アジアなど海外市場で本格的な成果を期待している」と話した。

LS産電は、2013年にジャパン・リニューアブル・エナジー(JRE)から受注した茨城県水戸市の太陽光発電所「水戸ニュータウン・メガソーラーパーク」の工事を完了し、同発電所は2015年に営業運転を開始している。水戸ニュータウンメガソーラーパークは50万平方メートルの敷地に3万9210キロワット(15万6840枚)の太陽電池モジュールや電力開閉装置、変圧器など関連装備を備えている。発電容量は3万キロワットで日本で最大規模となる。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月27日 10:34 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
ソフトバンクの後追い
北海道電力は泊原発を止めたまま動かせない。
2016年業績は 売上高▲3%、販売電力量▲6%

電力予報を見ると、ピーク時供給力 447万kW、
予想最大電力 360万kW、予備力 87万kW、予備率 24%
ずいぶん能力を余してます。
そもそも、電力需要が減っている。
当分、メガソーラーは要らないでしょう。
太陽光発電の買取は、買い叩かれますよ。

韓国系が進出してくるのは、菅直人政権時代に
20年間高価格保証を獲得したソフトバンク(孫正義)の
成功例が頭にあるからでしょう。
[ 2017/10/27 11:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp