韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  訪日外国人は「失われた20年」とは到底かけ離れた日本の光景に驚くだろう

訪日外国人は「失われた20年」とは到底かけ離れた日本の光景に驚くだろう

中国国内には、「中国はもともと世界をリードしていた国であり、日本は中国に学んできた周辺国の1つ」と考え、いち早く先進国となった日本に対して強いライバル意識を持つ人は少なからず存在する。著しい経済発展を遂げた中国は、すでに世界第2位の経済大国となり、対照的にバブル崩壊後の日本の経済成長率は低迷を続けている。

日本では、バブル崩壊後の経済低迷の時期を「失われた20年」と呼ばれることがあるが、この言葉は中国でも日本経済を象徴する言葉として広く知られている。だが、中国メディアの捜狐はこのほど、「日本の失われた20年には別の一面がある」と論じる記事を掲載し、20年の間に日本人の生活がどのように変化したのかを紹介している。

記事はまず、バブル崩壊後の1991年から2010年までの20年間を「失われた20年」と呼ぶことを紹介する一方、日本を訪れた英国政府高官がかつて「もしこれが失われた20年なら、英国もぜひ失われた20年を経験したい」と述べたことを紹介。また、日本を旅行やビジネスで訪れた外国人は「日本の現代化が進んだ社会や豊かさ、清潔さを前に、20年も停滞した国であることが到底信じられない思いをすることになる」と指摘した。





さらに、「失われた20年」を経験しながら、日本が今なお豊かである背後には、数字のトリックがあると主張。日本は労働人口が減少しており、それによってGDPの伸びが抑制され、表面上は経済が低迷しているように見えるだけだと指摘し、実際は日本の就業者1人あたりのGDPは大きく伸びており、日本の1世帯あたりの平均資産も1990年と2015年を比較すると34%も増えていると論じた。

結論として記事は、日本経済が低迷した期間は「失われた20年」と言われているが、実は低迷しているようで、ますます豊かになった20年であったとまとめている。中国は今なお6%を超える経済成長率を維持しているが、その成長には陰りが見えてきているとも指摘されている。先に経済発展を遂げた日本がたどった道には非常に興味があるのだろう。中国が今後どのような経済成長を遂げていくのか注目していきたい。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
「失われた20年」という言葉は、いつ頃から誰が使い始め、いつの時点からの20年なのかよく分かっておらず、「失われた10年」を敷衍した造語なのかパロディーなのかも不明である。「失われた10年」という場合は、1989年にピークに達したバブル景気と大蔵省が1990年3月に実施した総量規制の功罪を含めて、諸説あるものの『ゼミナール日本経済入門(1999年度版)』(日本経済新聞出版社)などから使われ始めたといわれる。

製造業をさらに大企業と中小企業に分けて分析してみると、大企業は1990年代半ば以降、盛んなR&D(研究開発)や国際化を通じて1980年代以上のTFPの上昇を実現している。つまり、大企業にとっては「失われた20年」どころか「失われた10年」でもなく、せいぜい「失われた5年」程度でTFPの再上昇を果たしている。 まして内部留保金は上昇を続けている。さらに様々なシステムを構築し、企業貯金を殖やし、高付加価値事業のための土台を作り上げ、今なお継続中である。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月27日 12:40 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp