韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国経済が“驚き”の成長率を記録、過去7年で最高

韓国経済が“驚き”の成長率を記録、過去7年で最高

2017年10月26日、韓国・ノーカットニュースなどによると、韓国経済は今年第3四半期(7〜9月)、期待をはるかに上回る1.4%の高い成長率を記録した。これにより、今年の成長率は政府の目標値である3%を軽く達成できる見通しとなった。韓国銀行が26日に発表した実質国内総生産(GDP)の速報値によると、今年第3四半期のGDPは392兆672億ウォン(約39兆5000億円)を記録し、今年第2四半期(4〜6月)より1.4%増加。2010年第2四半期の1.7%以降最高となった。

韓国の今年の経済成長率は、政府の目標値かつ韓銀が先週発表した予想値である3.0%を軽く超えるとみられている。第4四半期(10〜12月)の成長率が0%だとしても、今年の成長率は3.1%になる。 第3四半期の成長率が大きく伸びたのは輸出が拡大したためとみられている。輸出は6.1%増加し、2011年第1四半期(1〜3月、6.4%)以降で最も高い増加率を記録した。 政府消費は2.3%増加し、2012年第1四半期以降最高を記録したが、これは健康保険給与費の支出の増加、政府の補正予算の執行、雇用事業の影響とみられている。





建設投資は1.5%増にとどまった。設備投資の増加率は0.5%で昨年第1四半期以降最も低かったが、昨年同期比では16.8%増えた。 間消費は0.7%増にとどまった。製造業の増加率は2.7%で2010年第2四半期以降最高、サービス業は0.9%で過去3年の最高を記録した。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「驚いた!大統領が変わっただけなのに、どんどん社会が正常化されていく」「これも全て文在寅(ムン・ジェイン)大統領のおかげ」「文大統領は韓国の独立運動を継承した唯一無二の大統領だから、国の運気は上昇する一方」「文在寅政府が素晴らしいスタートを切った。韓国には底力がある。このまま突き進もう」「政治をうまくやれば自然に成長するんだね」など文大統領を称賛するコメントが相次いでいる。
http://www.recordchina.co.jp/

【管理人 補足記事&コメント】
貿易依存の国である韓国では、米国のシェール革命による掘削機増加で、鉄鋼業に掘削機製造企業などが好調となる。自国内では不動産業によるマンション建設ラッシュもある。さらに言えば自国内の過剰生産でたまった在庫処理をする時期でもあるわけで、安く販売可能とし、受注をとることで、販売した分また在庫を増やす繰り返しとなりやすい。特に中国における需要と供給もまた、過剰在庫製造であるから、韓中貿易には需要と供給の関係の中に、互いの過剰在庫処理が含まれる。

上記が継続するほどに後のツケは大きくなる。一時的であれば、互いにメリットとなるが、日常茶飯事では不正の温床となりかねない。無理な経済成長率は、数値ならべにすぎないわけで、特に外資企業となるほどに株主への還元重視で、過剰在庫でも、好調のように見せる韓国財閥企業は多い。経済成長率は長期で見たほうが解りやすい。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月28日 10:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp