韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  国土が狭くて自動車保有率も高い日本は、何故深刻な渋滞が起きないのか

国土が狭くて自動車保有率も高い日本は、何故深刻な渋滞が起きないのか

中国は世界最大の自動車市場だが、人口1000人当たりの自動車保有台数は日本や米国に比べるとまだまだ少ないのが現状だ。しかし、それでも中国都市部では渋滞が深刻な問題となっている。中国メディアの網易はこのほど、「日本は国土が狭く、自動車も多いはずなのに、なぜ中国と比べて深刻な渋滞が発生しないのか」と問いかける記事を掲載した。

中国人の生活リズムは経済成長と同時に速さを増している。都市部では自動車の購入制限や乗り入れ制限なども行っているものの、それでも通勤時間などに深刻な渋滞が発生することは、もはや日常の光景となっている。

中国の2015年末における自動車保有台数は1億5800万台を超え、日本の2倍以上に達しているが、中国の人口は日本の10倍以上であるため、人口1000人当たりの自動車保有台数は日本の方が高い。中国からすると日本は「豆粒ほどの国土」であり、さらに日本は中国より自動車保有率が高いのに、日本で深刻な渋滞が起きないことが不思議なようだ。





記事は、日本の都市部で深刻な渋滞が発生しない要因の1つとして「地下鉄、新幹線などの交通機関が発達し、効率的で巨大な公共交通機関網が存在する」ことを挙げた。中国にも当然地下鉄は存在するが、駅から会社までが遠いという人も少なからず存在する。近年はシェアサイクルが普及したが故に、駅から目的地までの距離をシェアサイクルで埋めることができるようになったが、それでも自動車の渋滞を解消するまでには至っていないようだ。

また、日本は「駐車料金が非常に高い」ことも渋滞の抑制につながっていると指摘した。中国では日本のように駐車場そのものが少ないうえ、ドライバーのマナーがまだ成熟していないゆえに、適当に路上に駐車して車を離れてしまう人が多い。また日本ほど厳格な警察の取り締まりが行われていないので、野放しになっている状態だ。こうした違法な駐車も渋滞を招く要因となっており、中国では立体駐車場などのように空間を有効的に活用できる「駐車場所」の確保が早急に必要な状況だ。
http://news.searchina.net/

日本の乗用車保有台数(対象は自家用の乗用車で普通車と小型車。軽自動車を除く)は、2030年に約3,597万台となり、2014年3月末時点の3,953万台から、356万台減少する予測結果がでた。16年間の減少率は9%となる。この減少率は、同じ期間における全国世帯数の減少率(2.8%)の約3倍になる。乗用車保有の減少率が世帯数の減少率を上回る理由は、年齢構成変化(高齢化に伴う運転者の減少など)と人口の都市中心部への集中が、自動車保有にはマイナスに働くためと考えられる。

一方、2006年の改正法により、これまで警察が行っていた駐車違反は、「駐車違反監視員」と呼ばれる民間の監視員が行うようになった。駐車監視員により「放置車両」であると確認されると「放置車両確認標章(「確認標章」)」というステッカーを取り付けられる。この「放置車両」と確認してから「確認標章」を取り付ける一連の行為を「確認事務」と呼ぶ。ステッカーを貼る前に運転者が戻ってくればセーフだが、もし貼ってしまったらアウトとなる。そういう意味では日本は規則がしっかりしているともいえるが…。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月28日 11:05 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp