韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国エンジニア、革新に強いが発明は不足

韓国エンジニア、革新に強いが発明は不足

「韓国のエンジニアには革新(innovation)は見受けられるが発明(invention)は足りないのが事実です」

今月20日、ソウル大学工大の校庭で会ったフルーア(FLUOR)のヘンリー・キスター(Henry Kister)専任研究員は「変化のためには人材を養成する大学教育の変化が必要だ」と話した。韓国政府がエンジニアリング人材育成のためにソウル大学を中心に設立したエンジニアリング研究開発センター(EDRC)の招請で来韓した彼は、4日間にわたりSKイノベーション、GSカルテックスなど韓国精油会社の現場エンジニアを対象に講演した。

キスター研究員は精油・石油化学工場の核心設備である蒸留塔の設計と運営の世界的権威者だ。化学工学界のベストセラー教科書『蒸留3部作(デザイン、オペレーション、トラブルシューティング)』の著者で、30年にわたるエンジニアリング分野のコンサルティングの経験から「タワードクター(tower doctor)」の異名を持つ。グローバル・プラント施工会社フルーアに専任研究員兼技術理事として在職中だ。





キスター研究員は韓国のエンジニアの潜在力を世界最高水準だと評価した。既存のアイディアに従うのではなく新しく開発された技術をすぐに現場に適用して効率性を改善させる「追跡」能力に関してはどこの国も韓国を凌駕できないという説明だ。 しかし、「韓国のエンジニアはそれまでなかった新しいものを創り出した経験がない」という手厳しい指摘も同時に示した。工場をどうすればうまく作れるかは知っているが、なぜ作らなければならないのかというアイディアを提案できずにいるという主張だ。

キスター研究員は「韓国特有の強みは生かしつつ、長期的には設計経験を蓄積していくことが重要だ」と話した。 キスター研究員はスマート工場、電気自動車などの技術革命時代に石油産業が競争力を維持していく要件として「大学教育の革新」を強調した。彼は「米国でも蒸留塔がどのようなものか知らずに卒業する化学工学徒がいるほど」とし、積極的な産学協力の努力と実用的教育カリキュラムでの変化を求めた。変化を先導する模範事例としては米国のテキサスA&M大学を挙げた。
http://japanese.joins.com/

韓国エンジニアにおける製造技術と言う部分では大きく劣る。ただ中央日報記事を何年か見てきて、発明はするが、企業としてそれをどの様に生かすのかという革新部分においては弱いと感じますが…。従って記事題名とは逆ですね。韓国の大企業研究員を指導してきて、協力性あるいは、教育と言う側面が弱いですから、個人個人の発見・発明と言う部分ではある程度の能力はあると感じます。しかしそれを生かす革新と言うのは成長戦略にもつながるわけで、俺が俺がでは難しい。

財閥企業は利益重視で、なおかつ外資系企業で、結果重視の企業環境となる。本来重要な先行き有能な社員を育成するための社内教育や協力性と言う部分で大きく劣ることが、今の韓国経済・社会の競争過激化を作り出しているわけで、大半が中小企業と言う中で、日本並みの物価で日本の大手企業レベルの給料をもらうためには大企業という、ふるい落とし社会では、革新性に優れた企業や社員を育成するのは難しい。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月28日 17:19 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp