韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国の格安航空会社「済州航空便を再開」

中国の格安航空会社「済州航空便を再開」

中国の格安航空会社が高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備局面で中断していた済州(チェジュ)行き航空便の運航を再開すると明らかにし、関心を引いている。 29日、上海に本社のある春秋航空のホームページには、31日から上海~済州路線の週3便運航を再開するという案内が上がっている。この航空会社は、7月から搭乗客の減少を理由に当該航空便を運行していない。両国の航空会社は、3月中旬の中国当局による団体観光中断指示以後に需要が急減し、航空便数を減らした。

両国の旅行業界は、中国当局の気流変化の有無に神経を尖らせている。ある業界関係者は「当局の立場には変化がないが、個別企業が韓国観光許容の有無を打診し、少しずつ様子を見ている雰囲気」と話した。春秋航空がオフシーズンにもかかわらず済州行き航空便を再開すると明らかにしたのは、中華圏の資本が投入された済州テーマパークが最近開場し、中国東南部の需要増加の可能性を狙ったという観測が出ている。

ただし、全面的な局面緩和を予想するにはまだ時期尚早という見方が多い。中国当局の団体旅行中断方針には変化の兆しがなく、大型航空会社にも動きがない。需要にともなう航空便の増減はよくあることなので、大きな意味はないという話も出ている。韓国の国土交通部が27日に出した資料によれば、2017年冬季(10月29日~来年3月24日)期間の航空会社が申請した韓中間の定期便数は週1051便で、昨年(1254便)より16.2%減っている。春秋航空の運航再開の有無について国土部関係者は「他の中国の航空会社同様に春秋航空は11月にも運航しないという非運航申請がされており、まだこれを翻意する申請は来ていない」と説明した。





一方、28日に北京で開かれた韓国学校のバザー会行事が、中国公安当局の勧告で早期終了する事態も発生した。当初は午前9時から午後6時まで予定されていたが、主催側は「公演による騒音過多で住民からの申告が10件以上出され、11時に運動場に6千人以上が殺到し公安の安全への懸念が増幅したことが把握された」と明らかにした。
http://japan.hani.co.kr/

朝鮮半島への高高度防衛ミサイル(THAAD)配備で凍り付いた韓中関係に、第2期習近平体制の発足を機に雪解けの兆しが現れ、流通・観光業界の期待感が高まっている。中国への依存度が高い流通・観光業界は今年3月、中国の「禁韓令」(団体観光客の韓国訪問と韓国旅行商品の販売禁止)以降、観光客の足が途絶え、大きな打撃を受けた。29日、関連業界の話を総合すると、最近、中国の新指導部発足に合わせて韓中関係が雪解けムードに入ったという兆候が様々なところで感知されている。最近、中国最大オンライン旅行サイトのCトリップ(ctrip)は韓国旅行商品を用意するためにロッテホテルに実務協議を提案した。

Cトリップの国内ホテルの旅行商品の構成はTHAAD報復が本格化した今年3月以降初めてだ。ロッテホテルの関係者は「オンラインで公開される商品なので、早いうちに販売再開が可能になるだろう」とし、「党大会を機に、ムードが変わっているのかもしれない」と話した。Cトリップのホームページにはモバイルアプリでは中断された「韓国紹介」サービスも再び始まった。中国のある航空券予約サイトは、大韓航空のチケット特価広告を掲げた。 しかし、「他の中国の航空会社同様に春秋航空は11月にも運航しないという非運航申請がされており、まだこれを翻意する申請は来ていない」とハンギョレ新聞は報じているわけで、それがすべてではないか。国家間のTHAAD問題である。トランプ大統領のアジア外交でどうなるか…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月30日 09:46 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp