韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  暴力的なTHAAD報復、中国は韓国に謝罪せよ

暴力的なTHAAD報復、中国は韓国に謝罪せよ

ベトナムで11月10-11日の日程で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の前に、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」が韓国に配備されたことに伴う対立を解消するため、韓国政府と中国政府は今も調整を続けていることが分かった。早ければ今週中にも結果が出る見通しだという。この問題である程度決着をつけておかないと、首脳会談が実現したとしてもギクシャクした雰囲気は解消されないからだ。またもし決着がつけば、昨年7月に韓国と米国がTHAAD配備を正式に発表して以来続いている中国によるTHAAD報復も終わる見通しだ。

この交渉と関連して「韓国は中国への事実上の謝罪に応じるのでは」といった懸念もあったが、言うまでもなくそのような事態は絶対にあってはならない。しかし近視眼的な観点から対立の解消ばかりにこだわったり、あるいはこれを韓国国内向けに一種の政治的な実績として宣伝するため早急に交渉を進めたりした場合、非常に深刻かつあしき前例が残る可能性も排除できない。もし国の正当な主権を侵害する内容が今回の交渉で少しでも話し合われていれば、国民も中国との合意に納得しないはずだ。





THAADは北朝鮮の核とミサイルの脅威に備えるため配備されたものだ。ところが中国は「北朝鮮政権の崩壊よりも北朝鮮による核武装の方がまだまし」と考えている。だとすれば韓国におけるTHAAD配備は中国自ら招いたと言っても過言ではない。中国がもし北朝鮮政権を崩壊に追い込むほどの厳しい制裁を北朝鮮に加えれば、核問題は間違いなく解決しTHAADも撤収されるだろう。しかし中国にそのつもりがないのなら、韓国におけるTHAAD配備に文句を言う筋合いは一切ない。

今年は韓国と中国が国交を樹立して25周年となる節目の年だ。ところが中国側はなんら根拠がない非常に暴力的で稚拙な経済報復、あるいは交流の一方的断絶を今も続けており、影響で両国関係は今年になって国交樹立以来最悪の状態が続いている。中国は韓国に対し、主権国家としての地位を守るための軍事的対応をやめるよう一方的に強要する覇権的な態度を取っており、また民間企業による合法的な営業活動を露骨に妨害するなど、国際社会における常識と大きく懸け離れた行動を今も取っている。韓国国民も中国がいかに無道で暴力的な国であるかを改めて実感したはずだが、この点だけはある意味不幸中の幸いと言えるかもしれない。
http://www.chosunonline.com/

SBSによれば、従来「THAAD配備の撤回だけが中韓関係の回復の唯一の道である」と繰り返してきた中国の姿勢とは明らかに変化が見られるという。党大会前に行われた中韓通貨スワップ協定の延長締結や両国の国防長官の会談も、こうした関係修復の流れにあるものと理解されている。一方、KBSによると、中国河北省にある旅行代理店は24日からWebサイトに韓国ツアー商品を掲載したという。11月に韓国を訪ねる6泊7日のツアーで、1人あたり1480元(約2万5000円)という超格安な価格を設定している。

中国側から関係修復に向けた動きが見え出したことについては、韓国・大統領府は「共産党大会で習近平が長期安定政権を構築し、両国ともに本格的な対話をする環境が用意された」と説明している。だが韓国メディアNEWSISによると、外交筋は、韓国政府が来年2月の平昌冬季オリンピックに合わせて習近平の韓国訪問を実現するため、水面下で交渉をしているのではないかと推察しているという。中国側にとっても韓国との関係悪化が長期化することは、AIIBや一帯一路構想に参加している韓国を、米国や日本との結びつきを強める形となり得策ではないとしている。ところが今回、朝鮮日報は社説で「暴力的なTHAAD報復、中国は韓国に謝罪せよ」と報じたわけで、中国側の怒りを買う報道に対し、中国側の動きに水を差す形となるが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月30日 10:19 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
2ダーの報道は、つくづくおめでたい。
筋金入りの本物のアレだわ。
絶対服従以外に、中国が認めるはずないのに。
自称アジアのリーダーで軍事大国なんだから、その調子で頑張って欲しい。
実質G7だし。
[ 2017/10/30 10:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp