韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  LGディスプレー、OLEDテレビのパネル注文が殺到

LGディスプレー、OLEDテレビのパネル注文が殺到

LGディスプレーの有機発光ダイオード(OLED)テレビパネルの販売量が、昨年同期より2倍以上に増えた。LG電子をはじめとするソニー、フィリップスなど、LGディスプレーパネルを使用する世界主要テレビメーカーのOLEDテレビの販売台数が急増した結果だ。LGディスプレーは、10月のOLEDテレビの販売枚数が月間販売基準で初めて20万枚を超えたと、31日明らかにした。11月も販売計画が21万枚を超えており、年末まで増え続けると見られる。LGディスプレーのOLEDテレビパネルの販売枚数は、昨年から着実に増えている。昨年第1四半期は13万5000枚だった販売枚数が、今年第1四半期は27万2000枚に増えた。今年第4四半期は販売枚数が62万2000枚と予想される。

OLEDパネルの販売枚数が急増した理由は、「OLED陣営」に参入した電子メーカーが増えたことによる結果だ。最近、テレビ市場全体が停滞状態に置かれていることを受け、プレミアムテレビでラインナップを再整備する企業が増えている。現在、OLEDテレビを生産している世界のテレビメーカーは、中国のスカイワースと長虹、コンカ、欧州のバング&オルフセン、メッツ、グルンディッヒ、ロエベ、そして日本のソニー、パナソニック、東芝など13社にのぼる。市場調査会社「IHS」は、世界のOLEDテレビの販売台数は、今年の138万台から2021年は660万台に伸びるだろうと予測した。





OLEDテレビの生産を開始した企業各社の販売台数も上昇を続けている。代表的企業は、日本のソニーである。ソニーは今年初めてOLEDテレビを発売して、プレミアムテレビのラインアップを強化している。市場調査会社「NPD」によると、ソニーは北米地域で9月のOLEDテレビの販売台数が先月に比べて2.1倍に伸びた。フィリップスも、欧州市場での第3四半期の販売台数が前四半期比5.9倍も増加したと、市場調査会社「GFK」が発表した。OLEDテレビ陣営の先頭走者であるLG電子のOLEDテレビの販売台数も、北米と欧州をあわせて9月の一ヶ月間、前月比1.5倍に増えた。

LGディスプレーの関係者は、「年末までに需要はもとより、来年の物量まで増やしてほしいという顧客の注文が続いている」とし、「下半期から本格稼動した坡州(パジュ)のE4-2ラインの稼働率を最大限引き上げることで、増えつづけている顧客のニーズに対応する方針だ」と明らかにした。
http://japanese.donga.com/

今年の春に有機ELテレビの発表が集中した。現時点でテレビ用の大型有機ELパネルを供給している会社が韓国のLGディスプレイ1社であることに起因している事にある。以前は生産効率が悪く、グループ会社のLGエレクトロニクスにしか供給できていなかった。それを改善して外販を開始したのが1~2年前で、パナソニックは2016年から欧州などでLGディスプレイ製パネルを搭載した有機ELテレビを販売している。さらに今年はほかの地域に展開できるほど供給量が増える見通しが立ったため、1月に米国ラスベガスで開催された世界最大の家電ショー「CES 2017」ではソニーやパナソニックが日本市場も視野に入れた有機ELテレビを披露している。

日本のテレビメーカーはなぜ有機ELパネルを採用した理由は、主に“画質”となる。有機ELはプラズマテレビなどと同様、画素そのものが光を出す“自発光”タイプなので、例えばある画素をオフにすれば完全な黒を再現できる。LG製の有機ELパネルは白色の有機ELとカラーフィルターを組み合わせたもので、完全な“自発光”とは言い切れないが、それでも画素の明るさを個々に調節できるのは大きなメリットとなる。現在の有機ELテレビは、“映像にこだわる層”に向けた製品であることは間違いない。新製品の中で最も手頃なのはソニーとパナソニックの55V型で、実売想定価格は50万円前後。逆に液晶TVは価格下落状態である。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月01日 11:38 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp