韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ウォン高ドル安、1カ月間に33ウォン…今年の最高値「目前」

ウォン高ドル安、1カ月間に33ウォン…今年の最高値「目前」

韓国ウォンが値上がりしている。国内景気の好調と株式市場の活況で1カ月間に33ウォンもウォン高ドル安が進み、今年の最高値に迫った。世界的な円安までが重なり、韓国ウォンは日本円に対しても1年10カ月ぶりの高値となった。ウォン高が輸出にマイナスの影響を及ぼすという懸念も出ている。

2日のソウル外国為替市場で、韓国ウォンは米ドルに対して前日より0.1ウォン値上がりした1ドル=1114.40ウォンで取引を終えた。4日連続のウォン高ドル安で、今年の最高値(7月27日、終値基準1112.80ウォン)に近づいた。ウォン高ドル安は今週だけで16.10ウォン、1カ月間で33.60ウォンも進んだ。特にこの1、2カ月間、米ドルが世界の主要通貨に対して値上がりした点を考慮すると、ウォン高はよりいっそう目立つ。

今年7-9月期の経済成長率(前期比)が市場の期待を上回る1.4%となるなど国内の景気指標が好調であるうえ、株式市場で外国人買いが続き、ウォン高につながっている。北朝鮮リスクがやや落ち着き、中国のTHAAD(高高度防衛ミサイル)報復による韓中の葛藤が解消に向かっている点もウォン高を後押ししている。米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長にハト派のジェローム・パウエルFRB理事が指名されたことも今後のウォン高要因となる。





一方、日本円は値下がりしている。先月の衆議院選挙で安倍晋三首相が率いる自民党が圧勝した後、円安が加速している。果敢な金融緩和と財政支出拡大を通じた景気浮揚が続くという見方からだ。この日、韓国ウォンは対日本円で100円=978.45ウォンまで値上がりし、今年の最高値(5月15日、100円=984.30ウォン)を更新した。
http://japanese.joins.com/

10月初旬以降、世界的に株価が堅調な展開を示している。日本の日経平均株価は、約21年ぶりの高値近辺まで上昇している。その背景には、世界経済全体が好調な推移を続けていることに加えて、世界的に金融緩和策によって潤沢な資金が供給されたことがある。景気が回復過程にあり、企業業績が順調に回復しているため株価が上昇しやすくなっているところに、有り余る資金が株式市場に流入する構図だ。一方で、世界の株式市場全体で上昇トレンドがサポートされる中、大手ヘッジファンドの中には苦戦を強いられる投資家もいる。10月に入って以降、空売りを得意としてきたあるファンドマネージャーは、「胃が痛い日が続いている。さまざまなリスク要因が散見されるにもかかわらず、市場全体が上昇していることが理解できない」と苦しい胸の内を明かしている。

現在の世界経済は、米国と中国の緩やかな回復に支えられている。特に中国は、財政出動を通してインフラ投資などを中心に景気刺激策を実行し、人為的に経済を安定させている。そのため、不動産バブルや債務増加による信用リスクへの懸念も抑えられている。主要国の中央銀行のトップ人事に関する動きも軽視できない。米国では次期FRB議長の候補者選びが進んでいる。中国でも、中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁の後任が誰か、注目されている。いずれの場合も、従来以上に金融の引き締めを重視する人物が後任に選ばれれば、世界的に金利上昇圧力が高まり、先行き不透明感は高まりやすい。共産党大会後の中国経済の動向、北朝鮮問題、トランプ米大統領の政策運営など不透明要因も多い。ユーロ圏では、銀行セクターでの不良債権処理という問題もある。いつ相場が変調を来たすかは予見できないが、ピークが近づいていることは冷静に認識しておくべきだろう。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月03日 11:27 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp