韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  慰安婦被害者支援財団 日本の10億円を一部運営費に

慰安婦被害者支援財団 日本の10億円を一部運営費に

旧日本軍の慰安婦問題を巡る2015年末の韓日合意に基づき韓国政府が設立した被害者支援のための財団「和解・癒やし財団」が日本政府の拠出金10億円のうち3億ウォン(約3000万円)余りを財団の運営に充てていたことが3日、韓国政府の資料で分かった。

国会女性家族委員会所属の朴ギョン美(パク・ギョンミ)議員(与党・共に民主党)が女性家族部から提出を受けた10億円の支出内訳によると、同財団は昨年7月に発足してから今年9月までに管理・運営費1億7000万ウォン、人件費1億6200万ウォンをそれぞれ拠出金から支出した。また、拠出金で存命の被害者に34億ウォン、死去した被害者の遺族らに8億1500万ウォンをそれぞれ現金で支給した。

財団は職員6人のうち外交部から派遣された1人を除く5人の給与を日本政府の拠出金から支払っている。運営費は年4500万ウォンの事務所賃料や年1200万ウォンの公共料金など。この間、理事の業務推進費として45件、468万9000ウォンが支出されたが、今年7月以降は同費用の支出がない。理事長だった金兌玄(キム・テヒョン)氏が7月27日付で辞任し、業務が実質的に中断したためとみられるという。財団理事会は発足時に外部から理事として加わった8人のうち3人が辞任し、現在5人となっている。





朴ギョン美氏は、日本政府の拠出金を最初から受け取るべきではなかったとした上で「全て慰安婦被害者のおばあさんたちに渡すべきだった10億円から財団の運営費や人件費を支出していたというのは話にならない」と批判。財団は即座に解散させるべきだと主張した。
http://www.chosunonline.com/

韓国国会の女性家族委員会に所属する最大野党「共に民主党」の朴柱民議員は、旧日本軍の慰安婦問題をめぐる2015年末の韓日合意に基づき日本が拠出した10億円の一部が、被害者支援のため韓国が設立した「和解・癒やし財団」の運営費に充てられることが確認されたと伝えたとしたのが今年2月である。韓国政府は昨年、和解・癒やし財団の運営費として1億5000万ウォンを支給したが、今年は「民間財団」である同財団に政府予算を振り向けるのは不適切だとの指摘を受け、関連予算を削減している。

朴氏は「政府はこれまで、日本の拠出金全額を慰安婦被害者のために使用するかのように宣伝してきた。にもかかわらず、ここへきて一部を財団運営費に流用するのは不適切だ」と指摘している。今頃出る記事にしては遅すぎるが…。 この2月に財団は文書で「日本の拠出金は全て被害者のために使用することが望ましいが、政府による予算削減などを踏まえて最低限の行政費用を日本の拠出金から出す」と説明している。(朝鮮日報) 記事の使いまわしに見えるが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月04日 10:18 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(2)
一部だなんてケチ臭い事は言わず、2ダーらしく盛大に使い込んで欲しいね。
責任者不在で、無くなっちまったもんは仕方ないで終わり。

アベにしてみれば、そんなシナリオでの10億円。
何を今さら。
いつもの2ダー過ぎて話題にもならないわ。
[ 2017/11/04 13:13 ] [ 編集 ]
詐欺組織
使い込んだ金額がこんなに少ない訳無いだろう。
日本が支払った10億円の内4億円少々しか自称被害者及びその家族に払っていない。
残りの半分以上を誰が着服したのか?
自称被害者のための財団と言う詐欺組織。
通常であれば1円たりとも自称被害者及び家族以外の者が手にするなんて事は考えられない事だ。
着服した全ての者を死刑に処するべきだ。
それも出来無いだろう、所詮、南朝鮮のことだ戦場売春婦として荒稼ぎしていた者を性奴隷等とでっち上げて日本から金を分捕るストーリーを考え出した組織だから、彼らにしてみれば自分らが稼いだ報酬だと想っているだろう。
[ 2017/11/05 02:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp