韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  神格化されてきた日本製品、その信頼は「今も失われていない」

神格化されてきた日本製品、その信頼は「今も失われていない」

中国では日本製品は質が良く、信頼できるというイメージが定着していることから非常に人気が高い。日本を旅行で訪れた中国人が日本製品を爆買いしたことは記憶に新しく、近年では越境ECを利用して日本製品を購入する中国人消費者も多いという。だが、最近の日本では製品のデータ改ざんなど、日本製品の信頼性を揺るがす問題が相次いでいるのも事実だ。中国メディアの今日頭条は10月30日、中国人の日本製品に対する「信頼」は今後も続くのかを考察する記事を掲載した。

記事は、一部の自動車メーカーによる完成検査問題や神戸牛の偽装問題、そして神戸製鋼によるデータ改ざんなど、日本では様々な不祥事が相次いで発生していることを紹介。特に神戸製鋼のデータ改ざんは、日本のみならず世界の大手企業にも製品が納入されていた可能性があることから世界を震撼させたと論じた。

一方で、高品質で知られた日本製品の神話は「1日にして構築されたものではなく、日本製=高品質というイメージは中国人の心に深く根付いている」と指摘。また、日本の製造業は今なお世界をリードする立場にあり、「瘦死的駱駝比馬大」という言葉を使って、日本の製造業の実力は失われていないと指摘した。この「瘦死的駱駝比馬大」という言葉は「痩せて死んだラクダでも馬より大きい」という意味で、日本語で言えば「腐っても鯛」という意味合いだ。


さらに記事は、日本製品は長年にわたって信頼され続け、神格化されてきたと指摘しつつ、それに比べて中国の製造業は「高速鉄道や宇宙開発で世界的な実績をあげているにもかかわらず、中国製品は今なお低品質の扱いから脱却できていない」と指摘。長年にわたる評価は日本製品も中国製品もそう簡単には変わることはないと指摘した。



最後に、ある企業の不祥事を理由に「すべての日本製品が信頼不可能と判断することはできない」と結んでいる。中国では今も日本製品に対する信頼は存在すると言えるが、こうした信頼を裏切らないような製品作りが改めて求められているといえるだろう。
http://news.searchina.net/

神戸製鋼所は10月8日にアルミ・銅製品でデータ改ざんがあったと公表し、13日にはそれまで経営トップが「不正はない」と強調していた主力の鉄鋼製品でもデータの改ざんなどを認めた。組織ぐるみの偽装は数十年前から続いていたことも判明しており、消費者や取引先には底の見えない不信が広がりつつある。神戸製鋼所は8日、自動車や航空機などに使われているアルミや銅の製品の一部について、強度などを示す検査証明書のデータを書き換え、顧客と契約した製品仕様に適合しているように見せかけ出荷していた不正が判明したと発表した。

データが改ざんされていたのは、2016年9月から17年8月末までに神戸製鋼が出荷したアルミ製品や銅製品など。広報担当者によると、同社がこの期間に出荷したアルミ・銅製品の4%に相当し、出荷先は約200社に上る。共同通信によれば、不正は組織的に約10年前から行われていたという。材料企業の材料証明書や化学物質証明書などに改ざんがあれば、世界中の企業が混乱するだろう。化学物質における各種データーは、企業の信頼と受注条件であったりする。そちらも調査したほうが良いのではないか…。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月05日 10:40 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp