韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  9月の韓米日首脳会談で、文大統領「日本は同盟でない」と明言

9月の韓米日首脳会談で、文大統領「日本は同盟でない」と明言

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が9月に米ニューヨークで行われた韓米日首脳会談で「米国は韓国の同盟だが日本は同盟ではない」と明言したと、青瓦台(大統領府)関係者が5日、聯合ニュースに明らかにした。文大統領の発言に対しトランプ米大統領は「理解する」と答えたという。

文大統領が日本との同盟関係について明確に線引きをしたのは、韓米日3カ国の安全保障の協力が軍事同盟に発展することは受け入れられないとの立場を強調するためとみられる。文大統領は3日、シンガポールメディアとのインタビューでも、北朝鮮の核・ミサイルを巡る韓米日の連携について、「軍事同盟の水準にまで発展することは望ましくない」との見解を示した。

これは韓米日軍事同盟に対する中国の懸念を払拭(ふっしょく)すると同時に、軍事同盟を結ぶほど韓日関係が整理されていないとの判断を示したものと受け止められる。旧日本軍の慰安婦問題に対する責任を日本がきちんと果たしていないといった韓国の国民感情を踏まえて同盟は考慮できないとの立場を示したものだ。軍事同盟となれば合同軍事演習で日本の自衛隊が韓国の領海や領空に入ることになるが、韓国の国民感情的に受け入れるのは難しい上、朝鮮半島で有事が発生した場合に自衛隊が朝鮮半島入りする根拠となる点も懸念される。





青瓦台関係者は「国民感情から日本との関係は制限的な協力関係にならざるを得ない。軍事同盟にまで発展すれば国民が受け入れられない」と強調した。
http://news.livedoor.com/

文在寅大統領は3日、北朝鮮の核・ミサイルを巡る韓米日3カ国の連携について、「軍事同盟の水準にまで発展することは望ましくない」との見解を示しているわけで、東南アジア歴訪を前にシンガポールメディアと行ったインタビューの中で述べている。文大統領は北朝鮮核問題を理由に軍事力強化の動きを見せる日本に対する警戒感も示した。 3カ国の連携について、文大統領は「米国だけでなく、日本との協力も重要になってきているが、あくまでも北の核とミサイルに対応するためのもの」と述べた上で、「日本が北の核問題を理由に軍事大国化の道を歩もうとするなら、(それは)東南アジア諸国連合(ASEAN)の国々との関係においても望ましくない」との見解を示している。

韓米同盟について「北の核問題を解決する上で何よりも重要」と述べる一方で、対中関係の重要性にも言及。「中国との協力は経済面だけでなく、北の核問題の平和的解決に向けた戦略的な意味で非常に重要だ」と強調している。何とも欲張りな大統領だ。朴槿恵前大統領と同じで、大失敗に終わったにもかかわらず、文大統領も同じ道を進んでいる。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月05日 13:04 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
いつもの自己都合ですね
日本が、さも彼の国との同盟を切望しているかのような物言いです。
手のひら返しの国との同盟など、アメリカを含めて望む国があるのでしょうか。
もっとも、彼の国にとっての同盟国とは、彼の国に都合の良い国のようです。
その伝で言えばアメリカは、彼の国に都合の良い国でしょうから同盟国になります。
赤ちゃんには失礼ですが、赤子レベルの思考にはアメリカさんもご迷惑なこで・・・
[ 2017/11/05 13:50 ] [ 編集 ]
韓国は日米の敵
中国の傘下にへり下った韓国は日米の敵だ。
下手に同盟扱いで軍事情報を洩らすと全て中国に流される。
はっきり敵だと認識しなければならない。
[ 2017/11/05 21:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp