韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  イバンカ氏来ない…韓国の気がかりはトランプ訪韓より訪日 

イバンカ氏来ない…韓国の気がかりはトランプ訪韓より訪日 

文在寅大統領との首脳会談も済ませ、8日には国会で演説する。トランプ氏訪韓をめぐり韓国では「日本より滞在日数が1日少ない」という不満が先月以降、メディアの間で渦巻いていた。 韓国大統領府関係者は「訪日初日は日曜日で実質的な差はない」「国会演説をするのは韓国だけ」「重要なのは中身」などとメディアをなだめるのに腐心していたようだ。そんな中、韓国をさらに落胆させることがあった。トランプ氏の長女で大統領補佐官のイバンカさんが訪日したが、韓国には来なかった。

和食を楽しみ、安倍晋三首相と談笑するイバンカさん。安倍首相とゴルフを共にし、首脳会談や共同記者会見するトランプ氏。一方、トランプ氏を迎えるソウルでは反米集会が続く。日米友好の様子を詳しく伝える韓国の報道からは、複雑な思いが伝わってきた。 いつものことだが、日本との比較だ。別に韓国を嫌っている訳じゃなかろうし、米韓同盟関係を確認したから、それでいいじゃないの。でも韓国メディアは気にし続けた。関心はトランプ氏の韓国訪問よりも、むしろ訪日の方に向いていたように思える。韓国は相変わらず、何事も日本に先を越されると気が済まないようだ。
http://news.livedoor.com/


アジア歴訪中のトランプ米大統領が韓国訪問初日の7日、北朝鮮に対し「交渉のテーブルに出てきてわれわれと合意を導き出すのが良い」と、「交渉」を前面に押し出した。また、「現時点では北朝鮮が正しいことをできるようにするのが重要だと思う」と述べた。これまでは「軍事オプション」のカードをちらつかせるなど強硬一辺倒だったが、この発言からは相当な変化がうかがわれる。北朝鮮の核・ミサイル問題の解決に向け新たな突破口を見いだすことにつながるか注目される。



一方、韓国の文在寅大統領と米国のドナルド・トランプ大統領は7日の首脳会談で、韓国軍の弾道ミサイルの弾頭重量制限撤廃を最終決定した。1979年の韓米ミサイル指針制定以来、38年ぶりのことだ。また、対北朝鮮偵察アセット(資産)や原子力潜水艦などといった先端軍事アセットの獲得(配備)・開発に関する協議を直ちに開始するなど、軍事協力分野で幾つかの合意に至った。

韓国大統領府の関係者は「両首脳は会談で、韓国のミサイル弾頭重量制限を完全に解除する『2017改正ミサイル指針』を2017年11月7日付で採択した」と語った。現在、韓国軍の弾道ミサイルは韓米ミサイル指針(12年改正)に基づき「最大射程800キロ、弾頭重量500キロ」という制限に縛られている。指針の改正で、今後は射程800キロ級のミサイルにも1トンを超える弾頭を搭載できるようになった。弾頭重量が増えれば貫通力・破壊力が向上し、「金正恩労働党委員長のバンカー」など北朝鮮の地下軍事施設を破壊できる。

トランプの意思は、自国は自国で守れという意味にもとれる。いずれにしても朝鮮半島における米軍の関わりと言う面では、むしろ本国防衛の安全主体の外交であり、下手をすれば北朝鮮と安全協定を結ぶかも…、というメッセージがないともいえない。米国の本当の敵はロシアと中国である。日米における新たな同盟国が進んでいる今、韓米同盟は軍備を売るセールス同盟と化しそうだが。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月08日 10:46 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp